名優去る

e0072159_1543113.jpg

阪急ビルディング旧コンコース



ブログを巡っていて衝撃的な記事を見つけました
大阪梅田の阪急電鉄旧コンコースが解体
なんてことだ
こんな素晴しい物を壊してしまうなんて

乗景シリーズとは少し違いますが懐かしさと悲しさに任せ、以前撮った写真をアップします

名優と言うより、それを支えるワキ役でありその舞台と言った方が相応しいかも知れませんが
此処までの存在感は名優といっても過言ではないと思います
[PR]
by GG-1 | 2005-09-22 02:26 | 建物・街歩きなど | Comments(14)
Commented by sanshouo1816 at 2005-09-22 08:41
おはようございます。
昨日はコメント頂きましてありがとうございました。
おぉ~大阪梅田の阪急電鉄旧コンコースが解体・・・
一度だけた見た記憶がございます。・・非常に残念です。

わたくしも、リンクさせて下さいませ。宜しくお願い致します。
Commented by greenagain at 2005-09-22 10:16
はじめまして。
先日、大阪に参りました。梅田駅にこんな立派なコンコースがあるとは知りませんでした。見ておけばよかった・・・!
解体は、残念ですね。
Commented by GG-1 at 2005-09-22 19:52
>sanshouo1816様
有難う御座います。リンク大歓迎です。此方も頂きました。

コンコースの一部は保存されるらしいのですが、矢張りこの場所に存在し機能してこその物で、死んだ標本では何か失はれた様な気がします。いわんや一部なんて・・・
残念乍、これからも色々な物が消えてゆくことでしょうね


Commented by GG-1 at 2005-09-22 20:11
>greenagain様
初めまして。御訪問有難う御座います。

そう立派なのです、美しいのです、雄々しいのです、艶かしいです<コワレタ
失礼しました
豆腐に窓を入れたようなモダニズムや、装飾一杯のウルトラバロックは、それはそれで良い物ですが私はこのコンコースのような物に魅力を感じるのです。
残念ですが、コレも時代の流れと言う物でしょうか
Commented by sanshouo1816 at 2005-09-22 20:41
こんばんは。
先程はコメントいただきありがとうございました。
お言葉に甘えてリンク頂いていきます。
GG-1さまは建築にお詳しいですね。
歴史を刻んできた魅力ある建築の解体は、たとえ復元したとしても
あの時の感動は、もう戻ってこないのだ・・と私は考えます。
何度もコメント失礼しました。
Commented by GG-1 at 2005-09-22 21:20
>sanshouo1816様
リンクの件、有難う御座います

私が詳しいだなんて、とんでもありません
鉄道模型の為の建築模型から始まりトマソン・路上観察ブームを経て今に至所為か、表面の極々一部を嘗めているだけの上に趣味嗜好が偏っているのでお話になりません。
山椒魚さんの建築に関する考察を読むと実に紅顔の至りです。
とはいえミーハー的見地からでも失はれてゆくのは悲しい物です

これからも宜しく御願い致します
Commented by pogetaro at 2005-09-22 21:45
大阪に2年ほど住んだことがあって、阪急を利用していたこともあり、
今回の件、ものすごくショックです。
素晴らしい、空間でしたよね。
現役で使われているところがまたすごかったのに…
とても残念です。
Commented by enzz3121 at 2005-09-23 03:05
本当に残念なことですねぇ・・・あのすばらしいコンコースがなくなってしまうなんて・・・
ところで GG-1さんの写真・・・人が殆ど写ってないですね
なんだか、こんなコンコースの写真の初めてみました
すごいですね
Commented by kabashun at 2005-09-23 03:40
こんばんは。
ボクのブログにコメントいただきありがとうございました。
ローカル線の駅や列車の中のモノクロ写真が、とても懐かしく思えて来ます。
乗景という言葉、素敵ですね。駅や電車にはドラマが多いので
ぴったりはまりますね。
こちらからもリンクをいただきたいと思います。
これからよろしくお願いいたします。
Commented by breezysky at 2005-09-23 06:54
はじめまして。Breezyskyと申します。
先日は私のブログにコメントいただきありがとうございました。
美しくコンコースを撮っていらっしゃいますねー。
どこかのお城の舞踏会に使われていてもおかしくないようです。
これはただの噂で聞いただけなのですが、此処を取り壊すことに惜しむ声がとても多いので、阪急電鉄が新しいビルにここを活かすことを検討しているそうです。
どうなるかはさっぱり分かりませんが、期待したいところです。
Commented by GG-1 at 2005-09-23 13:39
>pogetaro様
大阪にいらっしゃいましたか
では日常の空間として機能している時代をご存知な訳ですね
機能してこその生きている建築への想いを判って頂けるかと思います
保存された建築も意義があり価値もあると思っていますが
魅力が薄れる気がします
Commented by GG-1 at 2005-09-23 13:46
>enzz3121様
人が余り写ってないのは三脚を立て露光時間が長い為です。
此処では大概の人が動いている為相対的に画面上に対する結像の時間が短いので消えたように軌跡が残るのです。
人の動いている跡を消そうかとも思いましたが、人が大勢行きかう日常的空間の雰囲気が感じられるやも知れないと思い、あえて残しました
Commented by GG-1 at 2005-09-23 13:57
>kabashun様
有難う御座います
鉄道というのは、日常でありかつ非日常である不思議な所であると思っています。
振り返ると自分の写真に新幹線などが少ないのは、自分にとってはそれが非日常の特殊な場所と考えているのでしょう。
新幹線通勤をされている方にとっては普通の光景かも知れません。
環境が変わると視点も違うのは面白いことです

これからも宜しく御願いします
Commented by GG-1 at 2005-09-23 14:10
>breezysky様
舞踏会場ですか
気が付きませんでした。そう言はれれば本当にそうですね。シャンデリアとドーム状の屋根がその雰囲気を漂わせます。
写真では天井の装飾が見えますが、実際はもっと薄暗く重厚な感じがします。

この場所を活かすというのは、外壁のみならずGHQの部屋が残されたように日比谷の第一生命相互館の様になるのでしょうか。
いずれにせよ何らかの形で残ることを私も期待しています
<< ホームにてⅢ  新聞 駅及周辺Ⅱ  想い投函 >>