ストロボ多灯用 自作シンクロタップ  光を もっと光を

前回の本番では
キヤノンEXストロボ三つを一つをマスターで本体のスレーブで飛ばしましたが
マニュアルで発光するなら昔からのストロボ多灯と変わらないので
従来方式のシンクロコードの多灯でも変わりないと考え
シンクロタップでの多灯も出来る様に自作しました

e0072159_14334146.jpg


市販のシンクロタップを買えば話は早いのですが
シンクロ端子は接触不良が多くて
昔に苦労した覚えがあるので
もっと確実なミニTSフォーン端子仕様にしました

箱の中身はこんなの

e0072159_14384196.jpg


コメットなどのシンクロコードも使える様にカメラ側は
通常の6.3mmのTSジャックと3.5mmのミニTSジャックの二口としました
ターミナルで結線して
六本の同軸ケーブルでストロボ側へ
六灯まで多灯出来る様にしてありますが
ミニTSの二股は電気屋などで売っているのを使えば、なんぼでも増やせる
シンクロタップ以外に手持ちのシンクロコードもタップにつながる様に途中で切断してミニTSのオスとメスの端子を付けて、元通り単独でも使える様にしておきました
シンクロコードもミニTS端子をかませてあるのでシンクロコードの延長も同様に容易い

6.3mmのTS端子ジャックはスリーブ側がケースと繋がっているので
接地側のスリーブ接点をケースアースとして
3.5mmのミニTSジャックも金属製にすれば
チップ接点のみの一本配線でもイケそうですが念の為二本で取り回しました

電気工作用の30Wのコテが何故か行方不明で100Wと80Wのコテしかなく
80Wを使ったがコテ先が大きい為か
無駄に半田が流れて汚い(言い訳です。要するにブキッチョ)ですが
工作少年の時間は楽しい

ではテスト
毎度毎度の汚い畳の上で失礼
頼むゾ

e0072159_14413273.jpg


580EX2は直接シンクロ端子へ430EX2はシンクロターミナル付きのホットシューを付けて
以前のテストでは430をトリガーにして580二つをナショナルのスレーブPW-4Nで光らせましたが
今回は素直にシンクロコードで多灯

e0072159_1444835.jpg


よしよし
ちゃんと飛んでいる
シンクロ端子はどうも接触が悪く一回目は一つ飛ばずに
端子をぐりぐりやったら全部飛んだ

キヤノン純正以外のストロボを足すとどうなるか
メーカーでの極性の違いから飛ばなかった事(只の接触不良かもしれないが)があるが・・・

e0072159_14453085.jpg


よしよし
キヤノンとサンパックは同じみたい
サンパックのシンクロ端子はトリガーも兼ねているのか
背面のテスト発光ボタンを押して発光させるとキヤノンのストロボも発光する

続いて
大光量グリップタイプを多灯
サンパック622Super(GN60)x2と622Pro(GN50)の三灯

e0072159_14483710.jpg


おお、よしよし
ちゃんと飛ぶ
622のシンクロはコンセントタイプで通常シンクロ端子はカメラのみなので
580より信頼性が高そう
ミニTSを使ったのは正解だろう
(↑自分に言い聞かせております)
因みにこの状態で1mの高さにメーターを持って照射角は35mmで
iso100 1/250で三灯フル発光させると絞りはF64.1来ました
以前の結果の二灯でF45.6から正しく半段増えている
ズームヘッドが二つあるのでもっとテレ側にするともっと増えそう

更に580を足すと

e0072159_14503999.jpg


よしよしよしよしよしよしよしよし
只今無意味な達成感と自己満足的幸福感に包まれております
やったねオレ♪


・・・しかし
今週一回目のは
集合撮影が無かったりする
ま、他は集合があるからね~
昨年は桜並木の下に雛壇を並べたが
半逆光でストロボの光が足らずにしんどかったし~
日中シンクロだともっとカメラの同調速度が速ければと思ってしまう(その分定常光が減ってストロボの比率が高まる)

1Ds3だと1/320
1D3だと1/400迄しか上げられないので外は苦労するのよ
公称は↑より1/3低いが
ストロボ光のみだと画面長辺隅に羽が残って僅かに暗くなるが
日中シンクロだと定常光も混じって全く判らない
日中シンクロでは少しでも(1/3だけですが)シャッター速度を稼ぎたいので私は上の様にしております
拙ブログにお越しの諸兄は如何でしょうか
カメラの個体差もあるかもしれないが
何人か他の人に聞いても大概大丈夫みたい
純正ストロボを使うとハイスピードシンクロを使わない限り強制的に1/250か1/320になってしまいますので
シンクロコードを使った場合のみこの様に使えます
[PR]
by GG-1 | 2011-04-03 15:09 | 機材・道具など
<< 痕 にゃ~ >>