捲れ

e0072159_0134224.jpg

千住関屋町


EOS-1D X EF35

錆寂びスレートトタンが捲れている
浪打凸凹しているのは他所でも多々見るが
此処は凹みと捲れ凸がセットになっていた

e0072159_0135271.jpg


錆色と相まって中々の造形

e0072159_0135896.jpg


捲れはソコソコ高い位置だがナニでこうなったのか

屏風的に面の規模が大きいので結構な迫力
お店とかでワザと寂びさせている処もあるが矢張り天然モノは風格が違う
同じ面なのに風合いに差が出るのは何故なんでしょ
[PR]
by GG-1 | 2016-01-11 00:25 | 建物・街歩きなど | Comments(2)
Commented by henronin at 2016-01-11 15:18
見事ですね 何が原因でこうなったのでしょう 先日隣の千住河原町から墨堤通りを歩いて
電車から見える工場の壁を見てきたのですがその奥にこんなのが在ったとは...先程ストリートビューで
確認しました 自分が撮った建物の少し先でした ビルが多かったので行かななかったところです...近々行って見ます。
Commented by GG-1 at 2016-01-13 22:26
>henronin様
全くもって錆寂び具合が見事でした
捲れは高い位置なのでユニック付きトラックでも引っ掛けたのか
錆具合は年月に因るものでしょう
可也昔からあるみたいですよ
航空写真を次にアップしておきました
京成電車から見えるので私は京成関屋から歩いて此処止まりで、JRをくぐらず其の先の千住河原町は行かずじまいです
<< 寂び錆工場 ジャングルジム的針金細工物干 >>