路地奥の二件長屋  (林芙美子旧居)

e0072159_255756.jpg

世田谷・太子堂


5枚とも EOS-D30 EF17~35/2.8

e0072159_273979.jpg


e0072159_28179.jpg












タイトルどおりの路地の奥にあった二件長屋です
私の性分として、路地を見ると潜り込みたくなりますが
この時はこんな趣のある長屋に出会えました

玄関灯や木製の塀が残っているのが嬉しいです
このへんてつも無い長屋は由緒(?)あるもので、一軒には林芙美子が住んでおりました
記念館は立派な物ですが、放浪記時代はこちら。
不遇な時代にあのような立派な家に住めるわけが有りません
もう一軒には 壺井繁治・栄 夫婦が住んでいたそうです

裏にも回ってみます

e0072159_2173394.jpg


裏は最早駐車場となっており、遠くには重機の姿も見え
だんだんと街の形が変ってゆく最中のようです

路地に戻って帰る際、
薄曇だったのに一瞬陽が差して玄関脇に下のような姿を見させてもらいました

e0072159_2224784.jpg

[PR]
by GG-1 | 2006-01-10 02:25 | 建物・街歩きなど
<< 長屋的ガーデニング ごま油屋横 >>