アナグリフ 立体視サービス

e0072159_0373318.gif

出典:国土地理院


最近私がお邪魔しているブログにて地図や立体視に関する話題が沢山出ておりました
aki's STOCKTAKINGさんでの3DとGoogle Earth
Kai-Wai散策さんでの東京凸凹地図・アナグリフ

地図好きとしては見逃せません(チョット時機がずれておりますが・・)
鉄道写真を野山で撮る際は2万5千の地図が欠かせません
ロードマップにはない細い山道が描かれてますし、等高線から斜面の角度や植わっている木が針葉樹か広葉樹まで判り、道が無くとも昇ってゆけるか、隙間から線路が見えるかなど見当を付けてから現地へ行くので、良く眺めていました
そのうち、地図を眺める事自体が楽しくなってきて、廃線や新線か載っている刊行年次が違う同一地域などを見るのも楽しみとなりました
その内ネットが見られるようになり、マピオンやグーグルローカルを愉しんでおりました
特にGoogle Earthは俯瞰角度まで変えられて、神の視点の錯覚までもたらす危険な楽しい物です


で、
やっと本題のアナグリフ[anaglyph]
昔からありましたよね。青と赤のセロハンを貼り付けたメガネで覗く立体写真
コレは私が作ったのではなく地図閲覧サービスなのです
Google Earthなんぞを見ていると久々に普通の地図が見たくなって国土地理院のHPを覗いて見ました

此処の地図閲覧システムはモノクロ時代からお世話になっていましたが
地図閲覧サービス(試験公開)となり【ウォッちず】と愛称も付きカラーに進化しておりましたが
今回久々に覗いた時には、なんと立体視サービスまで始まっておりました
平行法・交差法・余色法と3種類を選べて至れり尽くせりです
立体視システムの解説・方法・メガネの作り方まで載っております
知っている方もいらっしゃると思いますが、私には中々新鮮でしたので御紹介
欠点は2万5千分の一の任意のクリックした場所だけですので、範囲が狭い事でしょうか
次のリクエストは、陸軍省測量部時代からの地図も閲覧サービスを始めてくれませんでしょうか
有料でも利用しますよ、国土地理院様!

今回画像を拙ブログにアップする際
許可申請したところ、画像の中に「出典:国土地理院」と入れていただければ、問題
ありませんとの快諾を国土地理院地理情報部情報普及課様より頂きました
有難う御座います
[PR]
by GG-1 | 2006-01-17 01:43 | その他
<< 要望書 自分のバイクのメンテ話 >>