雪の日Ⅵ  古豪  法務省本館

e0072159_1423372.jpg

ジナーP2  ジンマー150/5.6

まだ続きます雪の日写真
(え、しつこい? すみません最近ネタがないもので・・・)
此れもストック写真
日付は私の頭でも間違いなく覚えております
数字が一個しか有りませんから(笑)
平成2年2月2日
2しか有りませんね

この日はP2を借りて出かけたのですが(私の持っているのはF2)
まあ、重い事重い事
外に気軽の持ち出すものでは有りません
直ぐにへたばってしまいました~
[PR]
by GG-1 | 2006-01-28 01:51 | 建物・街歩きなど | Comments(22)
Commented at 2006-01-28 03:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by GG-1 at 2006-01-28 03:52
>鍵コメ様
有難う御座います
其処まで言って下さるとは望外の喜びです
当分は拙ブログでアップしてゆきますので、なにとぞ宜しく御願い致します
Commented by 西山遊野 at 2006-01-28 11:58 x
これは法務省旧本館でしょうか?大型のレンガ建築は迫力ありますね。
レンガという素材は大好きです。時間を経る事に美しくなるマティリアル
は本物ですね。人もそうありたい。雪の白さとレンガが美しい。

Commented by sanshouo1816 at 2006-01-28 13:39
東京駅のように見えますが・・・自信有りません。
平成2年にも、この様に雪が積もっていたのですね。
建築に雪の降る光景は似合うと思いますね。
Commented by miton_nakagawa at 2006-01-28 14:33
木の陰が切り絵のようで美しいです!
空の暗さと、ライトの明るさが対照的で 雪が綺麗ですね(^_^)/
Commented by moontook at 2006-01-28 18:05 x
外国にある、伝統的建物のようです。雪が似合ってます。
Commented by wills-d at 2006-01-28 19:57
平成2年ですか・・・働いてはいましたが思い出すことは無いですね。
GG-1さまのように写真を撮り、日付などをキチンと整理されていると思い出として残って良いですね。
ところで、この建物私も分かりませんね(^_^;)
Commented by chacobi at 2006-01-28 22:45
日々の雪景色、、有り難うございます。
下北沢は私の好きな場所のひとつです。
なんでもあって、昔からの人気スポットで私を裏切らないとこ。
それでいて、気取りのないとこ。落ち着く場所です。。。
こちらの写真も素敵ですね。
Commented by Aria at 2006-01-28 23:30 x
下の2枚の写真、味があってたまりません。とくに2枚目の雰囲気が大好きです。寒くても、心楽しく散歩できそうです。

この今日の一枚は、どこの建物なのですか?
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:00
>西山遊野様
ハイその通りで、法務省です
本物のレンガ建築、現在も残っている物は素晴しい物が多いです
(上野のは、子供図書館なる妙な物になってしまいましたが・・・)
建物に限らず、新橋~東京のレンガの高架も好きですよ
私も年月を経るごとに趣(おもむき)を増す素材と思います
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:16
>sanshouo1816様
桜田門の角にある法務省です
エンデ&ベックマンの基本設計により明治28年竣工で国の重要文化財に指定されております
「官庁集中計画」で唯一生き残っている建物
平成6年にお色直しを受け、綺麗になり
東京駅より一足先に屋根の原型復元工事を受けております
撮影は未だ復元前でレンガなどは結構汚れておりましたが、またそれが歳月をくぐり抜けてきた風格を醸し出していた様にも思えます
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:26
>miton_nakagawa様
丁度おあつらえ向きな所に木が立っていてくれたのですよ
奥行きが画面に出るような気がして
しめしめ と言いながら撮影いたしました
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:28
>moontook様
日本で現在、レンガ建築自体が数少ないうえに
ドイツ系は更に少ないのではないでしょうか
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:34
>wills-d様
法務省で御座います
日付は殆んど記録しておりませんが、この日は2並びの特殊な日付なので覚えていたのですよ。営団で2が3つの記念切符も売っていましたし。
友人と「今度は平成4年の4月4日の4時44分に四谷駅に切符を買いに行こう」などと馬鹿な話をしていたのを覚えております
(結局そんなに朝早くに起きれずに四谷には行かずじまいです)
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:40
>chacobi様
下北沢、演劇やライブ好きにはなじみの場所です
色んなお店がゴチャゴチャと集まって、庶民的感覚で落ち着きますね
又、雪の日シリーズ アップしたいと思います
Commented by GG-1 at 2006-01-29 02:45
>Aria様
私は犬より猫の方が好きなのに
何故か雪が降ると喜びながら、出かけてしまうのです
新潟など雪で苦しむ人々には失礼ながら、瀬戸内海気候で育ったので
雪が珍しいからだと思います
(お子様?)

後程タイトルに建物名を追加しておきます
Commented by humsum at 2006-01-29 05:00
この切り取りだけでは、一瞬何処なのかが..
判りませんでした..もう無くなった建物ではないかとも
思いましたが、候補に入れた法務省で、正解だったのですね..
確かに、こども図書館は、妙なものに..(微笑)
Commented by MUSUCARI at 2006-01-29 11:05
灯る明かりが素敵ですねえ。
過去の写真をご覧になってその頃のご自分を思い出したりなさるんでしょうねえ。

重い重いカメラは本来室内で使われるものなのでしょうか?(^^)
Commented by うっちー at 2006-01-29 23:12 x
ジナーで屋外撮影、それも雪の日!すごいですねぇ。
ところでこの作品、光源の関係で緑っぽくなっているのを直し、全体にもっと
アンダーにレタッチするとさらに雰囲気が重厚になる気がします。
生意気言ってすみません。
Commented by GG-1 at 2006-01-30 00:57
>humsum様
もっと退いて撮っている写真も有るのですが
横の東京高裁のビルが画面にど~んと聳え立っていて旧本館が小さく見えるかも、重厚さがでないかもと思い寄ったカットをアップしました
Commented by GG-1 at 2006-01-30 01:05
>MUSUCARI様
はい、写真を見てその当時を思い出したりします
「こんときゃ元気があったなあ、今はもうこんな重いのを担いでウロウロ出来へんわ」なんてね(笑)
16年前ですから体力が衰えるってモンです

このカメラは室内で使っている方のほうが多いと思います
一緒に借りた三脚だけでも約9kg.あります
Commented by GG-1 at 2006-01-30 01:10
>うっちー様
う~ん、成る程
屋外の水銀灯光源などで、ポジで撮るとGが掛かってくるのに慣れており不自然さを感じませんでした
早速やってみますね
アドバイス有難う御座いました
<< 雪の日Ⅵ-2  法務省本館_手直し版 雪の日Ⅴ 新宿雪景色 >>