板塀

e0072159_0344726.jpg

本郷6丁目


Contax RTSⅢ D35/2.8

最近は板塀の茶色や黒の塀を見る機会が少なくなりました
此処では未だ健在
この建物、個人宅にしてはチョット変な感じですし
元旅館か下宿でしょうか
中々魅力的であります

この建物の前の路地はこんな感じ
e0072159_0425777.jpg

Contax RTSⅢ P50/1.4

ドブ(?)が道の真ん中にあります
元々は砂利道だったのでしょうね
[PR]
by GG-1 | 2006-02-12 00:45 | 建物・街歩きなど | Comments(6)
Commented by kadoorie-ave at 2006-02-12 19:32
側溝?が道の真ん中にあるのは、後になって道幅を広げたからでしょうか。(ですよね)
道の真ん中に溝ではパリの路地裏になっちゃいますもんね。
時間の経ったものは、板塀一つでも、いろんな物語を感じるのがいいなあ。
(仕事中の息抜きに参りました〜。息抜きっぱなし....!?そんなことはありません。多分。)
Commented by igu-kun at 2006-02-12 22:45
板塀のお宅は確かに個人邸にしては部屋数が多いようですね。
塀の色合いも含め、本郷らしい建築物だと思います。
本郷らしいといえば路地の溝の跡が見られるのも
この街ならではかもしれませんね。
Commented by GG-1 at 2006-02-13 00:18
>kadoorie-ave様
いくら路地でもこの半分では狭すぎるのでは?
おそらく、長い事地道で舗装の際に側溝を作るスペースが無く真ん中に作ってのではないでしょうか
住民以外の自動車は入ってくるような場所でも有りませんし、歩行者以外は自転車・バイクが主でしょうから
溝の証拠(?)にコンクリが途切れた所に道路の真ん中にマンホールが見えます
Commented by GG-1 at 2006-02-13 00:23
>igu-kun様
部屋数も多そうですし、なによりこの物干しの場所と長さが普通の個人宅では見られませんよね
本郷ですし、下宿かな とも思ったのですが
入り口に真新しいステンレスの郵便箱が一つだけしかないので判断に迷うのですよ
Commented by dickshige at 2006-02-13 00:35
本郷は昔の名残が多く残っている街のようですね。
東大生が下宿していたのでしょうか?
こんな板塀も普通に何処にでもあったのに、今見ると珍しいとは
隔世の感が一入です。
Commented by GG-1 at 2006-02-13 01:04
>dickshige様
根津・弥生・本郷の辺りは割と古い町並みが残っております
しかし、何時の間にやらか徐々にその姿も変って行っている様です
板塀も最近都心部では見掛け難くなりましたね
ここは未だ手入れされており、もう少しは楽しめそうです
<< 下り坂 三者二様 >>