曙ハウス-02

e0072159_16382928.jpg

根津2丁目



前々エントリーの
一葉の井戸の横の建物で
この建物に対抗出来る器量を持った物はそうそう居ない
と書きましたが
此処は対抗できる建物でしょう
狭い路地で横に長くて、とても全体を撮れないので
継接ぎしてみました

ワイドレンズで撮っているので
一階と二階でパースが違い、辻褄が合わない所が出来てますが
全体の雰囲気を見せたい と言う事でご勘弁を

e0072159_1705339.jpg

横と裏はこんな感じ
錆びかけたトタンもなかなかです

e0072159_172384.jpg


元は建物に付いていたのでしょうか
掲示板の様です
外されて窓の張り出しの下に押し込まれておりました
裏を向いているのは、作業の方の気遣いでしょうか
[PR]
by GG-1 | 2006-02-19 16:44 | 建物・街歩きなど | Comments(36)
Commented by sanshouo1816 at 2006-02-19 17:35
いい顔つきをした佇まいですね。
いまの無国籍ハウスに、鉄板のサビでも煎じて飲ませたいくらいです!
きっと、傷の痛みが少しは感じるかもしれません(謎
Commented by GG-1 at 2006-02-19 17:52
>sanshouo1816様
名設計者の近代建築も魅力的ですが
この様な物も私の目には魅力的に映るのですよ
横を撮った写真には、無愛想なベージュの建物に囲まれてますが
高さは低くとも強烈な存在感がありました
Commented by norazin at 2006-02-19 20:40
うひょ~、これはスゴイ!
全体のべこべこさ(継接ぎがまたイイ感じになってる)、横板に縦の緑トタン、張り出した屋根、所々の抜けた窓とアルミサッシ・・・。
ホントいい味出してますねー。人の住む(住んでいた)”家”って感じがすごくします。
人間臭~いところに魅かれるんでしょうね。
Commented by Aria at 2006-02-19 21:17 x
た、たまらん建物です。
木の感じも、トタンの感じも。
港町に、少し、このような建物をこちらでも見かけますが・・・。
こういう所に住んでみたい私は、変?
Commented by neon at 2006-02-19 21:31 x
ああ~、もう、凄すぎます。GG-1さん、よくぞこれを苦心して下さいました。ハウスはどうしてもこういう全体像を見ることができにくい位置にあり、(というか路地が狭い)これは画期的作品です!!すみませんが、画を描くとき参考にさせていただきたいと思います!(珍しくハイ)!!
Commented by kadoorie-ave at 2006-02-19 21:48
真っ正面というのもすごく平面的で縦や横の線が強調されておもしろいものですね〜!!
色と線には強く反応する私、すごくドローイングしてみたくなります。
....あ、そういえば、neonさんにぴったりですよね!
Commented by MUSUCARI at 2006-02-19 23:17
ここにはきっとあしたのジョーが暮らしてたに違いない!(あ、あそこは前に河原があったっけ・・・)
普通の通りに残されていた一角なんですね。
これがある日無くなると、この風情は無かった事のようになってしまうんですね・・。
Commented by pogetaro at 2006-02-19 23:21
もう取り壊し後だったんですね。
こうやって全景を見られたのは幸いです。
これは貴重な写真になりますね…
秋に撮った写真を見直してみたんですが、
やはり雰囲気のある、建物でしたね…
Commented by moontook at 2006-02-19 23:25 x
映画のセットみたいで、面白いですね、これは残したいと思うの判ります。
Commented by masa at 2006-02-19 23:25 x
よくぞ手持ちで、この作業をなさいました。拍手です! 僕も真正面や真横から全体を撮りたかったのですが、なんせあの道の狭さ…とても無理でした。これは不滅の作ですね!
Commented by miton_nakagawa at 2006-02-20 00:05
インパクトを感じます!引き込まれるかんじがあります、こういう感じの建物が夢に出て来たような気がいたします(*^_^*)
窓ガラスの割れ方と、屋上の物干(?)部分の黄ばんだ透明な屋根も、涙が出そうです。
Commented by GG-1 at 2006-02-20 00:34
>norazin様
いやホントすごいんですよ
人格ならぬ家格がありそうな感じです
勝手に増殖しそう・・・
この時は、泣いている様でした
Commented by GG-1 at 2006-02-20 00:36
>Aria様
いやいや、全然変じゃないですよ~
私も住んでみたい物です
こういうのは魅力的ですよね
あっさり壊してしまうのが信じられません
Commented by GG-1 at 2006-02-20 00:47
>neon様
この前の道は狭く引きが無いので、実際に人間の目で見ても一度に全体像を見ることが出来無い位でしたよね
どなたも全体像はアップしていないので、拙い合成ですが無理くり仕上げてアップしました
時間が掛かったワリには、二階部分の辻褄が合っていないのですが、撮る時にワイドレンズしか使えないので仕方が有りませんでした
「曙ハウスプロジェクト」での画が出来上がったら是非拝見したい物です
Commented by GG-1 at 2006-02-20 00:52
>kadoorie-ave様
真正面は図面的で好きなアングルの一つです
本来なら水平垂直の塊になるはずが、合成が下手なので歪んでおります
ま、実際に歪んでる部分もあるのですが・・・
建物の画はどんな物になるのでしょう、
ドローイング、見てみたいです
Commented by GG-1 at 2006-02-20 00:56
>MUSUCARI様
泪橋の袂ですな
此処と向かいの四軒長屋が取り壊され更地になってしまっているそうです
路地の雰囲気も、可也変ってしまっているのでしょう
Commented by GG-1 at 2006-02-20 01:00
>pogetaro様
ホント残念ながら、もう更地です
昨年だと、こんな満身創痍ではなくシャンとしていた時ですね
「スウハ曙」のプレートも未だ在った時には私は見ていないのですよ
Commented by GG-1 at 2006-02-20 01:03
>moontook様
こんな状態でも独特の雰囲気を持った建物でした
白虎社の白塗り集団がいても違和感が無かったかも・・・
Commented by GG-1 at 2006-02-20 01:10
>masa様
あの狭さでは魚眼でもない限り撮影は無理ですよね
このレンズも122度の画角を持ち人間の視野角を越えているのですが一度には到底収まりませんでした
Commented by GG-1 at 2006-02-20 01:13
>miton_nakgawa様
インパクトありすぎな建物でした
もっと前に、日常息づく時に出会いたかったと後悔しております
Commented by igu-kun at 2006-02-20 01:25
こちらは本当に素晴らしい建物ですね。
正面から見た図もシンメトリーな構造のせいか
とても美しくまとまって見えます。
つぎはぎのトタンの色が良いアクセントになっていますね。
Commented by うっちー at 2006-02-20 01:42 x
いやぁ、すごい!!パースが合ってないとのことですが、そこがまた微妙に被写体のよさを引き出している気がします。正面から撮ってこれだけ味のある作品にするのって至難の技です。
Commented by humsum at 2006-02-20 05:12
正面だけの記憶しかなかったので..
初めてみたような気がしました..
Commented by 廃墟徒然草 at 2006-02-20 06:56 x
凄いですね!
いや本当はそんなに凄くないのかもしれませんが、
苦心のパノラマやパースの効いた壁面写真に、
納得させられてしまいます!
コメントも読ませて頂きましたが、
結構有名物件のようですね。
これは共同住宅だったのでしょうか?
セピア色の物語が聴こえてくるようです。
 
Commented by わきた・けんいち at 2006-02-20 06:57 x
これは、スゴイ。ものスゴイ、迫力です!!!
5つのブロックが、それぞれ個性を主張しながら合体したような感じなのですね~。とても貴重な写真ですよね。
Commented by neon at 2006-02-20 10:02 x
あんまり感動したのでもう一度コメント書かせて下さい。ハウスの画を描くことはずっと念頭にあり、無くなったことで余計それが加速していたのですが、この写真で決定的なものになった気がします。作品のなかにサインとかは(何か恥ずかしいので)しないのですが、この画ができあがったら、GG-1さん、masaさんのお名前をどこかに入れさせてください。ですから、大変申し訳ありませんが、このお写真を参考に(というか下書きに)することをお許し頂きたく、お願い申し上げます。この正面からの眺めは、ほんとに私の構図そのものなので・・・。
Commented by GG-1 at 2006-02-20 11:52
>igu-kun様
素晴しいと言うか凄かったです
裏の写真では、ほぼ平面なので建築当初はコの字型の正面は
完全にシンメトリーな物だったのでしょうね
Commented by GG-1 at 2006-02-20 11:55
>うっちー様
撮る時に手持ちで撮ったので其々パースが合わず
よれよれになってしまってますが、其れがより一層草臥れ感を出してくれている様です
実際の建物にも多少の歪みがありますが・・
Commented by GG-1 at 2006-02-20 11:57
>humsum様
正面から一度に全景を見るのは人間には、ほぼ不可能でしょう
普通の方は矢張りあのプレートに目が行きますよね
Commented by GG-1 at 2006-02-20 12:05
>廃墟徒然草様
いやいや本当にこの建物は凄かったですよ
曙ハウスは可也有名物件だったようです
童話や童謡の発表の場となった雑誌・絵本の発行元「金の星社」の創始者・斉藤佐次郎という人が、大正末期から昭和初期にかけて何棟か建てたもので、この曙ハウスは、その最後の1棟
一時は、金の星社もこの曙ハウスに社を移していたそうです
他の方の丸写しですが、私自身は詳しくないもので・・・
Commented by GG-1 at 2006-02-20 12:08
>わきた・けんいち様
確かに其々個性を持っているようにも見えますね
最初はコの字型だったのが、入り口脇から増殖していったのでしょう
迫力・存在感はこのような状態でも満点でした
Commented by GG-1 at 2006-02-20 12:12
>neon様
其処まで言って頂けて誠に光栄です
どんどん使って下さいませ
教えて頂ければ、合成前の物とかお渡しいたします
Commented by neon at 2006-02-20 12:41 x
ありがとうございます、ほんとに嬉しいです。って、もう次の写真がアップされていますね。今日の私の方のエントリーにも書かせて頂きますので・・・。合成前のもの、ですか?そんな貴重な物・・・、それは是非、お体が戻られたら、masaさんとともに根津で拝見させていただくというのはどうでしょう?
Commented by GG-1 at 2006-02-20 22:40
>neon様
後程貴ブログに伺わせて頂きます
資料ですがneonさんのお書きになる画の一助となれば曙ハウスも喜ぶ事でしょう
根津、谷中ボッサなどでお会いしたいですね
Commented by p_chansblog at 2006-02-23 13:00
このシリーズはなんともいえず不気味な雰囲気が出ていて、
ものすごく訴えかけてくるものがあるのだけど、なんとコメント
していいものか迷ってしました。 

だって、もう被写体のインパクトをここまで写真という形に収めて
しまわれたら、言葉を投げかけるのも惜しいような気が・・・

そこでシンプルに技法に着目すれば、やはり1枚目の試みは
興味深く拝見させていただけました。 パースの違いは当然だけど、
それすらも、なんか不気味なイメージにしてしまう。
コダックの新広角カメラでは、パノラマモードで3枚連結写真を撮る
際にパースを補正する機能があるとか・・ しかし補正の有り無し
もまた、作画表現なんだろうなあ・・・ とこの写真を見て思いました。
Commented by GG-1 at 2006-02-23 14:44
>p_chansblog様
この曙ハウスは物凄い迫力で何処を撮っても絵に為るようで逆にアングルに困るほどでした
匠さんの様に合成のスキルが無いので冷や汗物ですが
このヨレヨレ具合も実際の建物のイメージに合っているのでアップしてみました
新しいコダックのカメラはそんな機能が付いているのですか
面白そうですね
この写真の場合は蟹の横歩きのごとく平行移動したものを合成しましたが
視点が固定されると、遠方と手元でパースが付きそうですね
視点固定の場合はCubic VR 等の手法が一番優れているのではとも思いますが、あれは敷居が高そうです
(専用の雲台なんぞも要りそうですし・・・)
<< 雲流れ行く  曙ハウス-03 Last Night  曙... >>