端正な階段

e0072159_11311914.jpg


TOYOVIEW45 Fujinon90

前エントリーの曙ハウスほど強烈なオーラは出ておりませんが
此処は又違った魅力を持つ
中々端正な木造二階建ての建物でした

同じ土俵では有りませんが
私の中では此処も対抗できる魅力を感じます
お生まれは1887(明治20)年頃
[PR]
by GG-1 | 2006-02-22 11:34 | 建物・街歩きなど | Comments(14)
Commented by humsum at 2006-02-22 17:37
1887年で、記憶を辿っているのですが..
全く出てきません..降参です..(そんな頁ではなかったですね..)
しっかりと、現存しているのでしょうか..綺麗です..
Commented by sanshouo1816 at 2006-02-22 18:34
明治20年生まれとは、素晴らしいです。
確か、わたしが鹿鳴館にて毎夜のごとく仮装舞踏会を楽しんでいた頃かと・・
んなわけありませんね(^ω^;
Commented by neon at 2006-02-22 20:17 x
こんばんは。これは一体何処だろう・・・でもなかなかの階段です。どこかの洋館のなかでしょうか?綺麗にみがかれた感じもしますが。こういうところに泊まってみたいです。
Commented by GG-1 at 2006-02-22 22:00
>humsum様
記憶を辿る・・って一体何処までの記憶をお持ちなんですか~
まさか前世?
Commented by GG-1 at 2006-02-22 22:03
>sanshouo1816様
おっと、此方も凄い記憶で
仮装舞踏会か~
舞踏会と言う言葉そのものが、前世紀的ですね
(いや前々世紀か)
Commented by GG-1 at 2006-02-22 22:08
>neon様
階段だけでは中々解りませんよね
正解は次のエントリー時に名前を出します
ホテルとして使われた経歴もあるそうです
Commented by 西山遊野 at 2006-02-22 22:40 x
木造っていうのがいいですね。古い建物でもレンガやコンクリート造りのではこれだけ優雅なラインは出ませんからね。階段もいいけど奥のドアも素敵ですね。ホテルですか?以前泊まった荻窪の旅館西郊さんの洋館西郊ロッヂングもよかったですよ。もっともそこはいまはレントハウスになっているので泊まれませんが。
Commented by MUSUCARI at 2006-02-22 23:05
ロッテンマイヤーさんのお部屋は右の扉でしょうか・・・。

昔の建物は建具手摺・・・何を取ってもきちんとしていますね。
Commented by bw02yoko at 2006-02-23 02:05 x
う~ん、ここ行ったことありますよ。
確か何か見に行った・・・絵画と彫刻だったかなあ~
その時は入場無料でした。
東京芸術大学の美術館じゃないかしら?
Commented by miton_nakagawa at 2006-02-23 09:05
階段の飾りのシルエットが綺麗ですネ〜(*^o^*)
漆喰?のような壁が好きです
木目調の建物はやっぱり落ち着きます♪
こんなオウチに住んでみたいです

Commented by GG-1 at 2006-02-23 10:20
>西山遊野様
レンガやRC構造だと、古い物は優雅なラインを描いていても、
どうしても重厚さが前面に出てきてしまいますね
此処は仰るように木造のお蔭か繊細で優雅なラインを描き、かつ端正でもあります
Commented by GG-1 at 2006-02-23 10:24
>MUSUCARI様
え~
此処はフランクフルトでもアルプスでもありません(笑)
日本国内の都会の真ん中

建具手摺り、細かい所まで手が込んでいます
階段の壁側にも、手摺りも無いのに階段の始点と終点に装飾の小さい柱が埋め込まれております
Commented by GG-1 at 2006-02-23 10:34
>bw02yoko様
もったいぶってすみませんが、外れであります
階段下の一階部分に見える並んだポストから、この時は雑居ビルとして使われていたようです
Commented by GG-1 at 2006-02-23 10:38
>miton_nakagawa様
手摺りの柱が凝ってますよね
この形状は、此処を設計した人の好みなのか外観にもこの形が登場します
矢張り住むなら木造ですかね
落ち着きますよね~
<< 北浜平和ビル -02 雲流れ行く  曙ハウス-03 >>