北浜平和ビル -04

e0072159_14254019.jpg

大阪市中央区北浜2丁目


ToyoVIEW45  90mm

では次に端正な階段の階段を下りて一階へ
4回に分けて引っ張ったのも、最近ネタが無いのも有りますが
此処が素晴しかったからです
其れも今回でようやく終わりです
一階にチラッと見えていた集合郵便ポストはこんなに小さいものが集まっています
が、ホントに16もの部屋数があるかは不明
入り口の上の装飾も中々見事
扉の施錠が掛け金ってのも風情があります

e0072159_1434256.jpg

奥の部屋には応接セットと絨毯が未だ有りました
応接室に、こんなデカイ金庫を”でん”って置いておくのも如何なものかとも思いますが
此れも時代なのでしょうか、以前はこう言う物だったのかもしれません
此処の黒電話は通常タイプ

更に奥に進むと
な、な、なんと・・・





e0072159_14382348.jpg


和室がある~~
-02の外観からはこんな物があるなんて想像付きませんでした
画面右端に見えるのは手前の洋室の縁です
明治20年の新築時は洋風建築といえども住民の為(?)の和室は必須だったのでしょうか

ホテルとして使われた時に改装したのかとも思いましたが
一番奥ですし、旅館でも無さそうなので矢張り最初からではないでしょうか

建築から約120年・解体から約20年
真相はどうなっているのでしょう
[PR]
by GG-1 | 2006-02-25 14:52 | 建物・街歩きなど | Comments(18)
Commented by ayrton_7 at 2006-02-25 18:49
本格的な和室ですね。興味深いです。
Commented by greenagain at 2006-02-25 19:04
16の扉、開き具合が違う所が惹かれます。そして傍らの観音扉、美しい形です。
ソファに置かれた電話、そして和室。
物語ができそうな三枚写真ですね。
Commented by norazin at 2006-02-25 20:11
ほう~、へえ~、和室があったんだー。
天井もまんま和室だし障子も襖も、ある一線から全く違う世界が立ち現れるんですね。
面白い造りになってますねー。いくら洋式に建てても日本人はやっぱり畳が必要なんだって、可笑しくもちょっと安心しましたよー。
Commented by sanshouo1816 at 2006-02-25 20:46
大正時代の洋館にも和室を取り入れているものはよく見受けられますね。
すべてを洋室に・・・ということに、いささかためらいがあったのかもしれません。
洋室・和室とも端整な造りですね。とても上品です。
Commented by ナカムラ at 2006-02-25 20:59 x
並べて見ると和室が一番光の入り方がキレイですね。障子越しの柔らかい光がいいのでしょうか?映画に出てきそうなカットです。
Commented by moontook at 2006-02-25 21:09 x
時間が止まっていたような風景で1枚目の扉の上のデザインがモダンですね。
Commented by MUSUCARI at 2006-02-25 21:40
「端正な階段」からひとつひとつのお写真を頭の中で繋げるように拝見するとすーんごく楽しいです。
いくらなんでも「03」の続きが和室とは想像できませんね。
その時代の激動の激しさや 人の戸惑いが なんとなく けなげですね。
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:15
>ayrton_7様
柱もチャンと見えてますし
改装ではなく最初からの設計だと思うのです
住民の居住スペースなのでしょうか
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:16
>greenagain様
全ての写真が気に入っているのですが
3枚とも全て同じ建物と言う所が、私には面白いのですよ
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:22
>norazin様
あったんで~す
最初見たとき私も同様に ほう~、へえ~ ってなりましたよ
完全な和室が急に現れるなんて思いもよらなかったモンですので
日本人が住む家は、
ヤッパ畳でしょ ♪
(牛乳ではない)
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:27
>sanshouo1816様
大正時代の洋館でも和室がありましたか
ますます、最初からの設計のようですね
仕事部分は兎も角、寝起きするのは落ち着く和室が必要だったのでしょう
和洋共に少々線が細い感じが、端正さを感じますよね
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:31
>ナカムラ様
洋室部分は全て写真に照明が灯っているのが見えますが
この和室部分は明かりが灯っておりません
にも拘らず、この和室が一番明るい場所でした
縁側から光線が沢山入ってきておりましたよ
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:36
>moontook様
この扉の上のデザイン、モダーンですよね
みかんを横割りしたような旭日模様はこの時代の象徴でしょうか
外見からは張り出しで見えない所も奥ゆかしい
Commented by GG-1 at 2006-02-26 00:46
>MUSUCARI様
でしょでしょ~
チラッとしか見えていませんが天井に装飾まである洋風近代建築の奥に
この様な和室があるなんてホント思いもよりませんでしたよ
この和室をシリーズのトリの持ってきたかったのです

明治維新から20年経って洋館が一般的となってきても和室が欠かせないのが、根本の生活様式まで急に変れなかったのでしょうね
Commented by neon at 2006-02-26 10:40 x
まず扉が好いですね、その上の扇形のガラスも。洋室は懐かしい感じ。こんなソファとかありましたよね~、白いカヴァーも。和室があるのは可笑しいですが、日本人てこういう折衷が得意ですよね。遊郭の建築なんかも、ミックスの極みという感じですから。
Commented by GG-1 at 2006-02-26 16:31
>neon様
矢張り日本人ですもの、畳が無いとね
とはいえ洋館も好きです
折衷というか私は節操が無いのですがね

遊郭の建築も魅力的
大阪に飛田遊郭が残っておりまして、撮ろうとすると
入り口の衝立の脇のやり手婆が
兄ちゃん撮ったらアカンで~
と凄むので撮れずじまいです
それ以降、その手の建物にカメラを向けるのが少々コワイ
Commented by カーク at 2006-02-27 10:13 x
普通、建物の内部まで撮影されることはなかなかできませんよね~。
とてもていねいに撮影された各カットにもっと見た~いとだだをこねたくなりますよ。
遊郭も興味ありますが、、、君子危うきに近寄らずにしておいてください。

Commented by GG-1 at 2006-02-28 13:32
>カーク様
そうなのですよ
普通は外観のみしか見る事が出来ない場合が多いですよね
此処は解体工事が初まっていたので、入居者がおらず
現場で業者に頼むと、快く許可してくれたのは偶然とはいえ嬉しい限りでした

そういえば以前コワイ目に遭はれそうになったのでしたね
まあ私は君子ではないのは一目瞭然なのですが
そんな様子の被写体こそ魅力的なものが多いのですよ~
<< 2月26日 歩兵第三聯隊兵舎 北浜平和ビル -03 >>