スリバチ学会@戸山・河田・荒木町-2

ではでは、荒木町へ
スリバチ学会一行は荒木町のスリバチへと潜って行きます

e0072159_0521131.jpg

「奥の細道」だそうな
確かに道は細いぞ

細く趣きのある石畳の階段の坂道を途中曲がりながら降りてゆきます
此処は階段ファンにもお勧め
そんな人間自分以外にそうそう居るのかと言う疑問はさておき
途中にこんな物が雄々しくも立っております

e0072159_0574230.jpg

コンクリート製の街燈
凄い物を見てしまったぞ

アップは此方

e0072159_0585459.jpg
上部には民有灯0144とあります
この辺に144本も昔はあったのでしょうか
足元には鉄製の蓋があり
「山洋コンクリート工業製造」と浮き文字で記されております
検索すると千葉の九十九里浜片貝にある会社がヒットしましたが
コンクリート製マルチスリット側溝などを製造している会社の様です
道路関係ですし、此処が作っていたのでしょうか

最初エントリー時に山洋ではなく三洋と間違っておりました
指摘してもらうまで変換ミスに気付かなかった
御指摘有難う御座いました
正しくは「山洋コンクリート工業」であります

横には真新しい趣のカケラも無い新築マンションがあり
オープンルームと書いた黄色いのぼりがはためいてました
画面にチラリと見える黄色い物はこの幟です
でもまあ、よくぞこの街燈を残してくれた
エライぞ
入り口の真ん中にで~んと立ってますからねえ
街燈根元のコンクリが新しいのはこの所為です

暫く行くとスリバチの底へ到着

e0072159_116293.jpg

最初の案内板にあった
「津の守 弁財天」です
小さな参道の両脇に在る燈篭
おつむの形が面白い形をしています

e0072159_1213815.jpg
弁財天の横の池は今は小さくこんな感じで
囲まれています
配布された明治期らしき地図を見ると何十倍も大きかったようで
今は見る影もありません
元々は三方を囲まれた谷戸だったものを
江戸期に人工のダムを作って、四方を囲まれた真性スリバチになったそうです

こんな小さい澱んだ場所に魚はいるのかと
ぼ~っと休憩しながら見ていると
バシャッと音がして大きめの鯉が水面から飛び跳ねました
何かエサを見つけたのか
此処に居るぞと言わんばかりのタイミングで現れました
その鯉らしき魚が跳ねる瞬間を撮れれば良かったのですが
疲れてぼ~っと眺めてましたので撮り逃がしてしまいました

建物もい~い感じなのが寄り添うように建っております
e0072159_131784.jpg

e0072159_151840.jpg
パッと見はチョイ古めのアパートですが
入り口脇の窓に御注目

上の写真をトリミングして拡大してみました
←桟が斜めに左右対称に入ってる~

e0072159_1325811.jpg

上から底の方を眺めると
小さな場所でぐっと下がって又向こうで上っているのが判ります

e0072159_13342100.jpg

スリバチから這い上がり
甲州街道に近い地点でのスナップ
路地にお店が色々とあります
オヤジさん、開店時間には未だちょいと早いですぜ

で、オヤジさんの横にもコンクリ製街燈見~っけ

日が暮れてから街燈などを撮りに
又来ようと思わせる街でありました
[PR]
by GG-1 | 2006-04-24 01:13 | 建物・街歩きなど | Comments(14)
Commented by カーク at 2006-04-24 08:48 x
こんにちは、TBありがとうございました。
天候にも恵まれて良かったですね。
この池は、先日訪れたとき泳いでいたというおじいさんが
おられましたから、相当に大きかったのでしょうね。
家が建つにつれ小さくなってしまったと。
ここは町内の方々の団結力?が大きく良いコミュニティを形成してますね。
Commented by GG-1 at 2006-04-24 10:00
>カーク様
はい、夕方ちょっと曇り気味になったものの大方は好天に恵まれました
この池、配布の明治期の資料の地図だと
弁財天の横に掛かる橋以降が埋め立てられたようです
池のほとりに立つと一部だけ橋の低い手摺りみたいな遺構が残っており
ははあ、この地面が橋の一部だったのかと合点がいきました
団体行動の為か残念ながら地元の方の話を聞く機会はありませんでしたが、家屋の感じからはそんな雰囲気がありましたが矢張りそうなのですね
Commented by わきた・けんいち at 2006-04-24 11:04 x
GG-1さん、こんにちは。スリバチ学会、参加されたのですね~。
たくさんの写真で、真性スリバチの面白さ、よく伝わってきました。
Commented by greenagain at 2006-04-24 11:59
スリバチ学会、面白いです。
コンクリ街燈、寄り添う建物、不規則な形の階段、いいですね~。
Commented by ouchiyama-archi at 2006-04-24 18:42
建築探検隊とか路上観察学会なんてのもあるようです。
建築写真を撮る時、出来るだけ雑雑したものを消し去って・・・と言うのとは、正反対の面白さがありますね。私には、出来そうで出来ないような・・・。
Commented by wills-d at 2006-04-24 19:22
見事なスリバチですね。
目の付け所が面白いです。
コンクリート製の街灯いいすねぇ、本当によく残してくれたものです。
Commented by kadoorie-ave at 2006-04-24 19:30
はいっ!階段ファンでしたらここにもおります(階段ファンは多そうな気がしますが)。
特に石畳の階段の坂道フェチでして、香港へもそれを堪能したくて行くようなものです。
味のあるコンクリートの街灯といい、アパートの入り口脇の窓といい、
良いものを色々ありがとうございます。(このドアも好きです。)
Commented by GG-1 at 2006-04-24 23:04
>わきた・けんいち様
はい~、初参加してまいりました
真性スリバチ、百聞は一見にしかす
矢張り歩いてみて実感できましたよ
次回アースダイブの際には是非お会いしたいものです
Commented by GG-1 at 2006-04-24 23:07
>greenagain様
まあ、でも私の写真群を見て判るように本来の主旨が本当に理解しているのか実に怪しい
地形を感じているのですが、ついつい街の写真を撮ってしまいます
Commented by GG-1 at 2006-04-24 23:12
>ouchiyama-archi様
藤森氏や赤瀬川氏がやっているやつですね
トマソンもその一種でしょうね
建築写真はまたチョイとジャンルが違うので撮り方は違ってきます
あれは建物がある街の雰囲気など排除して
その建物だけを見せる写真ですから
建物そのものに大いなる魅力があればそれも良いのですが、私の好みとしては建物単体で存在するのではなく周囲や取り巻く人間達が居て初めて認知成立する物だと思っております
Commented by GG-1 at 2006-04-24 23:26
>wills-d様
「谷戸」はアースダイブの際に知りましたが、スリバチと言う地形の見方は最近です
地べたの見方は色々とあって其々興味深いですね
木製の街燈は下町に未だ残っており目にする機会はあるのですが
コンクリ製街燈は此処が初めて
2本しか確認出来ておりませんが探すのも楽しそうです
Commented by GG-1 at 2006-04-24 23:31
>kadoorie-ave様
おお、階段ファンでしたか
同好の士は確認できたのはコレで3人目です
意外と多いのかなあ
階段同好会でも作りましょうかねえ
名誉会長はラフカディオ・ハーンですな
(って故人や~ん、しかも見当違いやし)
Commented by 廃墟徒然草 at 2006-05-02 05:58 x
スリバチ学会。面白そうな学会ですね。
3方向が囲まれた谷状態の所をさすのですね。
最初完全な凹地かと思いましたが、
そんな地形は大きな盆地以外ないのかもしれませんね。

コンクリート製の街灯も凄くいい感じですが、
「横には真新しい趣のカケラも無い〜」のコメントもいいですね!

ここは真性のスリバチなんですね。
底の池と弁財天が、なんか不思議な感じです。
広角でのパースの強調もあるかもしれませんが、
このスリバチはかなり深そうですね。
 
Commented by GG-1 at 2006-05-02 11:33
>廃墟徒然草様
はい、3方向が囲まれた地形で
大きさも割と小さいものをスリバチと呼ぶようです
此処は江戸時代に人工の堰で真性スリバチとなった数少ない場所
(普通のスリバチ地形を仮性スリバチとは呼ばないようです)
その考えで行くと盆地は巨大な真性スリバチなのかもしれませんが甲府盆地や奈良盆地を歩いて実感するには大きすぎるし、あまり面白くなさそうです

ここは広角レンズのせいもありますが、実際に小さな面積でぐ~んと凹んでますので目で見てスリバチ状なのが良く判る場所です
<< スリバチ学会@戸山・河田・荒木町-3 スリバチ学会@戸山・河田・荒木町-1 >>