IDO

e0072159_1501651.jpg

渋谷区代々木1丁目


EOS-1Ds Sigma12~24・EF50

前エントリーの千駄ヶ谷五丁目に行く際に
廃墟徒然草さんに教えてもらった代々木1丁目の井戸を見てきました

e0072159_153650.jpg


e0072159_153359.jpg
一番近い駅は小田急の南新宿駅
此処からも代々木のドコモビルが見えます

この日は日差しが強く
初夏のような天気で
木漏れ日の中に佇むその姿に
えもいはれぬ何かを感じたような気がします

ナニとは何だ?
と言はれれば巧く言葉に出来ません
という事でタイトルを井戸にせずIDOにしてみました
感情・衝動を伝えてくれるような気がして・・・

街中に残る井戸(Ido)は「希望する者(Esperanto)」でもあります






e0072159_1541752.jpg

[PR]
by GG-1 | 2006-05-08 15:17 | 建物・街歩きなど | Comments(10)
Commented by kadoorie-ave at 2006-05-08 17:26
わぁ、なんともかっこよく頼もしい感じの井戸ですね〜!
香港で見かける、古いポスト(大英帝国時代の)や消火栓を思い出してしまいました。
これがここにあるうちは、まだ大丈夫という気がします...何がかはよくわかりませんが。
Commented by GG-1 at 2006-05-08 19:03
>kadoorie-ave様
そうなのですよ
私もこのT字型の道の真ん中で頑張る井戸が此処に存在する限りは
大丈夫と言う印象を受けました
確りとこれからも頑張ってよ~と声を掛けたくなりますね
Commented by 西山遊野 at 2006-05-08 21:20 x
わたしもこの変わった形のポンプに興味がありサンタイガーを
手がかりにサイトで検索してみました。
おかもとポンプ株式会社のrk-gk005定価 62,000円
に似ているように思います。それかどうかは別として
今でも買えるのですねポンプ、楽天でも売ってます。
すみません夢を壊すような書き込みしました。
Commented by Aria at 2006-05-08 22:11 x
変わっていく時間の中、こういう物を見るとホッとします。
がんばって、存在して欲しい、と願いたくなりますね。
下の写真、なぜでしょう? 日当たりは良いのに、モノクロの方が私も落ち着きます。
Commented by GG-1 at 2006-05-08 23:09
>西山遊野様
いえいえ、夢を壊すなんて事ありませんよ~
ポンプは簡単に買えても井戸は買えませんからね
ネットで簡単に買えるとい言う事は
それだけ需要があるって事ですよね
なんか嬉しいなあ
Commented by GG-1 at 2006-05-08 23:11
>Aria様
ハイ、街中の井戸はホッとします
下の写真、カラーはあまりに寂しい光景が広がっているからではないでしょうか
Commented by 廃墟徒然草 at 2006-05-12 04:28 x
行かれましたね!
それにしても『IDO』は凄く陽が差し込んでいてびっくりです。
どんなに晴れていても次エントリーの井戸のように、
この道筋はいつもどんよりな印象しかなかったので。
昔の井戸ポンプの記憶は錆色ですが、
両方とも錆色でないのは今でもしっかり使われているのだと思いました。


長くなってすみません。
昨日渋谷の中央図書館へ行ったら、
渋谷今昔写真集という本があって、ちょっと見てみると、
東急のロープウエイ<ひばり号>が出てましたが、
説明を読んでびっくりです。
西舘を出たゴンドラは東館で降りられるわけではなく、
ただぐるっと回って西館へ戻ってきてしまったみたいです(驚
つまりただの遊覧ゴンドラだったんですね。
ちびっ子に人気なのも頷けます。
大人は乗らないですよね。
Commented by norazin at 2006-05-12 16:45
う~ん、いいですねー。これも現役ですか。
ドコモビルの下にはこういう生活があるんだって思うとなにか嬉しくなります。
井戸があるってことは人のコミミュティーがあるってことですもんね。
それだけでその街が分かりますね。
Commented by GG-1 at 2006-05-13 02:55
>廃墟徒然草様
教えて頂き有難う御座います
はい、早速行ってみました
この日は夏のような日差しの日で木の陰が中々良かったです
「ひばり号」、すると観覧車の水平方向みたいなものですね
矢張り乗ってみたいことにはかわりがありません
Commented by GG-1 at 2006-05-13 02:58
>norazin様
現役のようです
丁度この時、撮っていると子供をあやす若い母親が出てきて
ビルの足元にもちゃんとした生活があるんだと思い
なんだか嬉しくなりましたよ
<< らーめん屋さん そして猫はもういない >>