ランドマーク

e0072159_19233824.jpg

谷中


ContaxN1 VS24~85

二俣に分かれた道の根元の大きな木
恐らく御近所の方はあの大きな木のY字路で通用するのでしょう
急な雨の日の雨宿りに丁度よさそう
道の上に大きく羽を広げています

e0072159_19471040.jpg


丁度ベビーカーを押した女性が
通りかかりました
買い物帰りかな
[PR]
by GG-1 | 2006-06-10 19:47 | 建物・街歩きなど | Comments(33)
Commented by wills-d at 2006-06-10 20:21
これはまた、素晴らしい存在感を持ってますね。
此処は道もそうですが、この木を中心に街が成り立っている感じですね。
世田谷区にも同じように道の真ん中で存在感を示している大木がありましたが、
倒れる危険があるということで、切り倒されてしまいました。
今では切り株が寂しく残ってます。
Commented by pogetaro at 2006-06-10 23:01
ヒマラヤ杉でしたっけ?ここ絵になりますよね。
ぼくも大好きな場所です。
Commented by GG-1 at 2006-06-10 23:20
>wills-d様
ホント存在感たっぷりでした
こういう木は切ったりしてはイケマセンね
世田谷にもありましたか
以前目黒の五本木の辺で道路の真ん中にあって道のほうが避けていた処があった覚えが有ります
Commented by GG-1 at 2006-06-10 23:22
>pogetaro様
木の種類は判りませんが街中にしては誠に立派な大木でした
御存知の場所でしたか
私もこんな場所が大好きなのですよ
Commented by miton_nakagawa at 2006-06-11 00:06
切り絵のよう!!
とっても綺麗〜(*^_^*)
一枚目のお写真、一瞬不思議な感覚がしました。
Commented by GG-1 at 2006-06-11 01:02
>miton_nakagawa様
丁度シルエット状になってますからね
この分れ道の股の付け根に立つと
頭上いっぱいに大きく羽を広げているのですよ
い~い場所です
Commented by m-louis at 2006-06-11 02:12 x
写真、すばらしいです。
ここまでスカッと両方の道の見えてる写真を見るのは初めてかも。。
ちなみにこの場所、現在、大塚製薬のアミノバリューという清涼飲料水のCMで出てきます。
私の名前をクリックして出てきたページで、ウォーキング篇というのを見てみてください。微妙にわかりにくいページですけど。。
Commented by monolife at 2006-06-11 06:44
ほんとだ。ブルちゃんとすれ違う場面がそうですよね。
m-louisさん、すごい観察力ですね。
Commented by sanshogyo at 2006-06-11 11:11
都会にもこのように立派な木が生きているのですね~。
この木のすぐ後ろに在る住まいも、駄菓子屋の趣きで風情があります。
Commented by GG-1 at 2006-06-11 12:13
>m-louis様
有難う御座います
道の分岐の角度が狭角なのでどちらもうまく見渡せました
消失点が画面に2つも有るのはパースの法則を無視しているようで面白くて撮りました
CMは何故かリンクどころかお名前がエキサイト側で撥ねられたのか消失しております
貴ブログのエントリーをスクロールして記事を見ました
キャプチャーされた写真から、成る程此処だわいと確認しました
CMに出るほど有名な場所なんですね
Commented by GG-1 at 2006-06-11 12:22
>monolife様
モノライフさんはリンクを見ることが出来たのですか?
うぬ~、何故私だけ見れないのだろう
最近エキサイトブログはおかしいですね
自分のブログにログインどころかアクセスさえ出来なかったりコメントが送信されなかったりと、付加価値サービスに力を入れるより、基本事業に集中して欲しいです
Commented by GG-1 at 2006-06-11 12:32
>sanshogyo様
都内といえども此処谷中は特別のようです
谷中・根津・千駄木で「谷根千」と呼ばれ親しまれています
直ぐ後ろの家屋は「みかどパン」(三角パン)というパン屋さんです
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-11 16:55
いいですねぇー思い切り良くばしっと二俣!そして大きな木。
思わずどっちの道を行こうか考えちゃいました。
この写真だけだと、いつの時代かわからなくなりますね.....
(さすがに江戸時代とは思いませんが...)
Commented by GG-1 at 2006-06-11 17:25
>kadoorie-ave様
どちらに行っても魅力的な街並が広がってそうで迷いますね
此処の風景は木の大きさ以外はそう変化は無いのではと思われます
リンクにあるmasaさんのKai-Wai散策でこの木が未だ鉢植えの小さい頃の写真をアップしているので見比べると面白いですよ
Commented by MUSUCARI at 2006-06-11 22:17
私も「私ならどちらに・・」と考えました。
右はなんだか暗くて狭くて ちょっと恐そう。
それなのにきっと私はついふらふらと右に進んでしまうだろうと思います。
Commented by 越渓 at 2006-06-11 23:26 x
最近拙ブログからのリンク先様方の間で、谷根千が大流行のようで・・・(笑)。
ところで、上の方で消失点2つ、と書かれておられましたが、左右で微妙に勾配の違いがあるようにも見えますね。どちらも坂を感じさせないほどのものなので、余計に面白く感じます。
Commented by chacobi at 2006-06-11 23:30
わ〜、何だか凄い木ですね。
しかも、きっちりとシンメトリーになっていて、最初は2枚の逆の写真を並べているのかと錯覚しました。。。
谷中にこんな場所があるんですね。。
Commented by greenagain at 2006-06-11 23:30
真ん中の木が「うらめしや~」の形してます。
「作品」をしっかりバシバシ撮ってますねー。
谷根千、一呼吸置いて、一人でひっそり探検します~
Commented by GG-1 at 2006-06-12 00:58
>MUSUCARI様
何故貴女はその考えで右に進むンだ~?
恐いもの見たさかな
実は我々一行は左の道から来ました
これから進むのではなく、振り返ったのですよ
Commented by GG-1 at 2006-06-12 01:02
>越渓様
谷根千は流行っているとは言え、矢張り実際に行ってみると
面白い良い街なのですよ
そう言はれてみると、左のほうが高く見えるなあ
左の道から歩いてきたのですが下り坂の感覚はありませんでした
Commented by GG-1 at 2006-06-12 01:06
>chacobi様
どうやら此処はCMに使われる程有名な場所のようです
m-louisさんのコメントを参照してください
谷中、良い場所で落ち着く街です
雑誌などで良く取り上げられるのも判る気がします
是非一度おいでませ谷根千へ
(住民ではないですが)
Commented by GG-1 at 2006-06-12 01:09
>greenagain様
はい~躊躇せずにバシバシ撮ってしまいました
4本位撮ったかな
この時は非常に素晴しいmasaさんというガイドに引率されてふらふらついて行っただけなので、又の機会に一人でゆっくり廻ってみたいと思わせる街でしたよ
是非~
Commented by カーク at 2006-06-12 10:22 x
うまいな~、こういう視点で切り取ることは考えもなく、こんどまねしてみようかな。
パン屋さんのあるところですね。
Commented by GG-1 at 2006-06-12 13:08
>カーク様
はい、パン屋さんのある所です
御存知でしたか
普通はパン屋さんをメインに撮りますが、私は少々ひねくれているもので・・・(ホントに少々か?)
真似して頂けるとは光栄です
Commented by わきた・けんいち at 2006-06-12 17:50 x
おお、これはご一緒した場所ですね!!
こんなふうに撮れちゃうんですか・・・。
すごいな~。
Commented by GG-1 at 2006-06-12 23:16
>わきた・けんいち様
はい、ご一緒したパン屋さんの大木です
もっとこの木全体を画面に入れたカットもあったのですが
外人さんのバックパッカーのような(笑)オニーサンが入っていたのでアップしませんでしたよ
Commented by J16 at 2006-06-13 16:35 x
写真、すごすぎます。
同じ場所から撮ってみようかと、、、でも、高さ20センチのブーツがいるなぁ。
Commented by GG-1 at 2006-06-13 22:23
>J16様
気に入って頂けたようで嬉しいですね
私もコレはなかなか気に入ったので何時もより大きめにアップしました
Commented by わきた・けんいち at 2006-07-14 15:06 x
GG-1さん、こんにちは。このヒマラヤスギ、CMにも登場していました。スポーツドリンクのCMです。以下のサイトのウォーキング篇をご覧ください。まあ、それだけのことなんですけど。
http://www.otsuka.co.jp/cgi-bin/adv/index.cgi?ad=a-v 
とても気になって、調べて、確認して、嬉しかったので、誰から知らせたくて。masaさんにもお知らせしました。
Commented by わきた・けんいち at 2006-07-14 16:24 x
ずっと上のコメントに、 m-louis さんが指摘されていましたね。どうも失礼いたしました。ご容赦ください(^^;)。ひょっとしてと思い、googleで「谷中 アミノバリュー」で検索したら、 m-louis さんのブログと、 m-louis のこちらのでのコメントがヒットしました。なんだかな~・・・というコメントを書き込んでしまって申し訳ありません。
Commented by GG-1 at 2006-07-15 01:38
>わきた・けんいち様
ほほ~、コメントまで検索で引っかかるのですか
それにしても良く気付かれましたね
m-louisさんは地元で見慣れているからということで納得でしますが
脇田さんは一度行ったきりですのに、見つけるとは凄いです
Commented by わきた・けいんち at 2006-07-15 18:01 x
GG-1さん、やはり、この「場所」のインパクトがそれだけ強いということなのではないかと思います。masaさんのブログで拝見したときから、ずっとこの「場所」にひきつけられていましたからね~。
Commented by GG-1 at 2006-07-15 20:05
>わきた・けんいち様
う~ん、確かにインパクトがありますね
大木の有る場所には神聖さを私は感じますが、神社なら兎も角ここは街中ですから余計に脳裏に焼き付けられますね
とても惹かれる場所です
<< 人の往来する処 Cafe Nomad 個展「ピ... >>