身近な備え

e0072159_1814263.jpg

谷中


ContaxN1 VS24~85
最近は余り見なくなった防火用水桶
此処では健在
町名が古いのも何やら嬉しい
右から書かれている処をみると年季が入っていそうです
赤いバケツが積み重なっているのもいいものですが
矢張り此方の方が好みだなあ

e0072159_181896.jpg
烏避けかな
上に網を張ってあります
中ではお約束の魚が・・・
金魚か鯉かは確認し損ねました
[PR]
by GG-1 | 2006-06-15 18:19 | 建物・街歩きなど | Comments(4)
Commented by wills-d at 2006-06-16 00:52
このような形の物あまり見かけませんね。
「第八隣組」の文字が泣かせますねぇ。
網は鳥よりも、猫からでは?(^_^;)
Commented by GG-1 at 2006-06-16 01:08
>wills-d様
右からの文字からすると
設置当時は隣組があったのでしょうね
♪とんとんとんからりっと隣組の隣組でしょうか
今では町内会かな
蓋の網が猫避けとは思い至りませんでした
成る程、良く考えればそうかもしれませんね
烏じゃチョイと無理か
サザエさんの詩を思い出してしまいましたよ
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-16 23:34
サザエさんならば...平和でよかった。
私など、空襲警報発令でサイレンが...バ、バケツリレー..などと
ちょいとドキドキしてしまいました。
大切に使われていて(残されていて)いいですねぇ。
Commented by GG-1 at 2006-06-17 02:19
>kadoorie-ave様
う~ん、右書きの文字からは
その様な歴史を見つめてきた証人かもしれませんね
今は平和に魚のお宿
役に立つ日が来ない事を願います
<< 根津の電球 氏子札 >>