いがいがのある家

e0072159_1593714.jpg

港区元麻布二丁目


ContaxRTSⅢ Planar50

以前にiGaさんいのうえさんのブログで見て
気になっていた物
“いがいがくん”です。ここはハンドメイド製
なにやら執念すら感じさせる密度で突き出ております
低い塀はこんなだけど
中の家屋はと言うと↓こんなのです

e0072159_1591565.jpg


ContaxRTSⅢ Planar100

小さな小さな縁側(?)付き
い~い感じです
コレも縁側と呼ぶのでしょうか
縁台と呼ぶべきか?
でも家屋に固定されているしなあ

人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-06-28 02:14 | 建物・街歩きなど | Comments(6)
Commented by いのうえ at 2006-06-28 23:29 x
こんにちは! 一枚目の手製イガイガ君は猫よけ剣山(!)でしょうか。
拙ブログ関連エントリーからトラックバックさせていただきました。
2枚目 なつかしいつくりですね。 拙宅も増改築を重ねて今は痕跡も無くなりましたが こんな縁が窓の外についてました。ただ手すりは30CMくらい高さでしたが三方を囲むようについてましたね。 子供の頃はそこで水遊びとかしたかな。 
Commented by うっちー at 2006-06-29 00:16 x
この縁側かわいい・・!こういう木造建築もすっかり減ってしまいましたね。
ガラガラっと戸を開ける音が聞こえてきそうな作品で、いい感じですね。
Commented by GG-1 at 2006-06-29 00:41
>いのうえ様
TB有難う御座います
こちらもTBさせて頂きます
どうやら猫避けのようですが、製品ではなく下から釘を打ち抜いた板を貼り付けていました
この釘の密度からは相当悩まされている様です

2枚目の縁側もどきはナンでしょうね
恐らく此処は廊下の部分と思われますが、普通の縁側だともっと大きいだろうし半端な手摺りは謎です
この手摺りは高さ7~8センチ位
二階なら手摺りは危険防止で判りますが、此処は一階ですし、ホンになんでしょう?
Commented by GG-1 at 2006-06-29 00:51
>うっちー様
ほんとに小さかった
簡易式縁側と言った処でしょうか
普通の民家の木造建築、東京ではエライ勢いでなくなっている様です
残っていてもアルミサッシになっていたりします
ガラガラっと開ける音はサッシでは聞こえませんね
此処元麻布二丁目は周囲の喧騒とは隔絶されたような木造家屋が多く残っている面白い街でした
今夜は又谷根千エントリーですが、又この辺のエントリーを何時かします
Commented by kadoorie-ave at 2006-06-29 19:09
この手作りイガイガくん、良〜く考えたら
「ネコ(?)来るなー全く!」と、コンコンと釘を打ち続けたんですよね〜
ひゃぁ。。。
Commented by GG-1 at 2006-06-29 19:59
>kadoorie-ave様
そうそう、この手作り感はある意味恐いです
考えるに鬼気迫るものがありますよね
若しや作法が有るのかも・・・
夜中二時頃に打って、他人に見られてはいけないとかね
(↑チョイと違うか)
一つ打っては母の為・・・
恐っ!
<< タバコ屋のある角 あっちょんぶりけ >>