タバコ屋のある角

e0072159_083389.jpg

根津


Contax N1 Vario-Sonnar 24~85

夕暮れ時
タバコ屋のある角を行く二人
親子でしょうか

タバコ屋さんのショーウィンドーがタイル張りでなかなかなのですが
今の主役は右の自販機なのだろうなあ

タバコ屋といえば看板娘との相場が決まってましたが
昨今は「いにしえの元看板娘」しか見たこと無いぞ


e0072159_0221783.jpg
てくてく
ぺたぺた(?)
二人は去ってゆきます
なんだか良い感じ








人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-06-29 00:13 | 建物・街歩きなど | Comments(12)
Commented by miton_nakagawa at 2006-06-29 02:32
タイルのショーケース、良い感じですネ♡キッチンに置きたいかも
Commented by GG-1 at 2006-06-29 09:30
>miton_nakagawa様
ですよねですよね
良い感じであります。結構好きな方は多いと思いますが、台所に置きたいと言う方はそうそう居ないでしょう
可也重そうでっせ
Commented by noon-cloud at 2006-06-29 11:02
こんなタバコ屋さんには、優しい笑顔のおばあちゃんが居てくれたらいいな。
それでもって、自治宝くじとかも売っててくれたら◎。
私の小さい頃のタバコ屋さんには、店先にピンチで宝くじがヒラヒラしていたんですけど…見かけなくなりましたね。
Commented by 西山遊野 at 2006-06-29 17:47 x
たばこ屋さんか。昔はたくさんあってそれこそ横丁の角や路地裏にも
点在していたんですよね。たばこだけではなくちょっとした食品、パン、
飲料水、日用品も売っていた対面販売でね。
そうそうたばこ屋の看板娘なんていう言葉も懐かしい。
わたしはそのころはまだ坊やだったので残念ながら
その可愛い看板娘さんからたばこを買うチャンスがなかったんですよね。
考えたらべんりなお店。うん?これって今のコンビニエンスストアーですよね。
そうかコンビニにたばこ屋は駆逐されたのか。
Commented by GG-1 at 2006-06-29 19:50
>nooncloud様
私の子供時分の近所のタバコ屋さんはパン屋と兼業でした
笑顔のおばちゃんも居ましたが
人気者は娘さんではなく
でっかい犬が何時も店番をしていました
近年再訪するとおばちゃんはおばあちゃんになっておりましたが、笑顔は其の儘
店番の犬は死んでしまってましたが犬の子孫が代わりを務めていました
宝くじも売っているタバコ屋は最近は見ませんねえ
Commented by GG-1 at 2006-06-29 19:55
>西山遊野様
タバコ屋さん、最近は自販機販売が多くて対面販売の店はトンと見なくなりました
売っているものは今のコンビニと同じかもしれませんが買うときの気分が違いますね
コンビニはバイト君が殆んどで買う時の会話はなくクールに事務的に売買成立していますが、以前のタバコ屋などではチョッとした会話があったものです
ま、だからこそ馴染のお店というものが成立したのでしょうがねえ
Commented by neon at 2006-06-29 20:23 x
ぁ、ご近所の路地だ。「なんだか好い感じ」・・・そうなんですよ、不忍通りからこの辺の路地に入ってくるとほっとします。
Commented by nontan91 at 2006-06-29 23:23
タイル張りのタバコ屋さんって、昔は定番でしたね~
看板娘に会いに行っても、タイミングが悪いと愛想の悪いばあさんがいたりして^^
その当時はかっこつけてショートピース吸ってて、缶ピーを買っていたものです。
いまだにこんなタバコ屋さんが残ってるのはうれしーですね。
Commented by korotyan27 at 2006-06-30 00:16
ほどよくラウンドがあるタイルがとても素敵ですね。
ある意味いまの自動販売機より手がかかっていそうですね。
GG-1さんの写真はいつも時間をずらして撮っているので
生き生きと情景が感じられることにいつも感心してしまいます。
Commented by GG-1 at 2006-06-30 02:13
>neon様
よそ者の私でさえこの辺りに入ってくるとほっとする程ですので
御近所さんなら、なおさらでしょうね
「なんだか良い感じ」はナンででしょうね
ピカピカの薄っぺらい街には無い、人間の息遣いが感じられる様な気がするのですよ
Commented by GG-1 at 2006-06-30 02:38
>nontan91様
こんな店が建物博物館などでなく、実際に街中で息づいているから
谷根千は人気なのでしょうね
缶ピーですか
私は普段エコーを吸ってますが、置いている店が少なくて出先で切らした時はピースを良く買います
あの蓋の裏の爪を引き出し、クルッと回して開ける瞬間が楽しいのですよ
Commented by GG-1 at 2006-06-30 02:41
>korotyan27様
そうですね
ラウンドしているタイル張りのショーケースなんて此処だけの一品物でしょうから
大量生産の自販機より余程手が込んでいそうです
まあ、だからこそ人件費の高い昨今はどんどん見なくなっているのでしょう
<< お出迎え いがいがのある家 >>