手摺り

e0072159_126443.jpg

千代田区九段北


Contax RTSⅢ Distagon35

前エントリーと同一敷地内にある建物の手摺り
ちょいと古めの建物や
昔の大きな駅の手摺りには、こんな石造りが多かったですね
此処は平成14年に改修・新装しましたが建物はほぼそのまま生かしておりました
一階の玄関ホールがガラス張りの張り出しとなったのが一番の違いでしょうか

では一階玄関ホールの様子を2階から ↓
e0072159_1341384.jpg


前エントリーの場所は
もうお分かりと思います
それは此方 ↓
e0072159_1343782.jpg


プレスリーの物まねが好きな人が今年も行った場所




人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「ふ~ん」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-09-06 01:37 | 建物・街歩きなど | Comments(9)
Commented by ouchiyama-archi at 2006-09-06 13:04
靖国の戦争記念館(・・という名ではなかったような・・・)に
零戦はわかるとして、なぜ、蒸気機関車が・・・・
Commented by GG-1 at 2006-09-06 13:47
>ouchiyama-archi様
名前は「遊就館」と申します
蒸気機関車があるのは、ふつうのSLと違い此れも戦争関連だからです
このSLはC56型といって国鉄近代制式機としては小型軽量の為
線路規格が悪い所も走れると言うので戦時中に占領地の鉄路に走らせる為90輌程がタイ・ビルマ・マレーシアに渡っていったのです
此処に有るのは泰緬鉄道から里帰りした1輌です
泰緬鉄道は映画「戦場に掛ける橋」や「クワイ川マーチ」で有名になりました
映画のクワイ川の橋はエジンバラ郊外の名鉄橋「Forth Railway Bridge」(横にある吊橋のフォース・ロード・ブリッジではない)を矮小化したような、ちゃちい木製橋でしたが
実物はもっとちゃんとした鉄道橋です
規格は東海道線の様な幹線に比べると低いですが本格的な鉄道でしたので、このようなSLは走れたのですよ
此処以外に南方から里帰りしたC56の1輌が大井川鉄道で復活して今も走っております
Commented by GG-1 at 2006-09-06 14:51
上記追記
現地のレール幅(1000mm)と日本のレール幅(1067mm)が違うので
この形式の改造(改軌)がやり易かったと言う理由も有ります
1000mmのレール幅はメーターゲージと呼ばれ
スイス、レーティッシュバーンなどが有名です
Commented by 西山遊野 at 2006-09-06 19:52 x
千代田区九段ですか。写真と内容には直接関係ないのですが、
東京の地名は単なる住所地ではなくその地名自体に深い意味が
こめられていますね。丸の内、霞ヶ関、永田町、日本橋、大手町、
兜町、馬喰町この狭い範囲にある地名だけでもそれぞれの地名が
もつ社会的要因が漂ってくる。
Commented by MUSUCARI at 2006-09-07 00:51
おーっ、靖国神社の中にこんな建物があるんですかぁ?

この手摺の写真、好きだなあ!
Commented by ouchiyama-archi at 2006-09-07 09:55
グッ、グッ、グッ・・・・←(グーの音も出ないと、読んでください・・・)
そうですか、戦地にまで機関車を持っていっていたんですね
日本がアジアで何をしてきたのか、外地へ赴いた日本人が、どんな経験をしたのか・・・・、ほとんど知りません
里帰りした蒸気機関車・・・・ご苦労様でした・・・・
Commented by GG-1 at 2006-09-07 19:22
>西山遊野様
東京に限らず古くからの街の名前は
その地形や街の生い立ち・役目に深いかかわりを持ってますね
区画整理や町村合併で名前が消える事は、その歴史をも葬り去ってしまう事と思います
セントレアは論外としても西東京市もどうかと思うが・・・
ほな京都の東側は東京か~い
Commented by GG-1 at 2006-09-07 19:24
>MUSUCARI様
神社の中ではなく同じ敷地内(びにょ~に違うか、はたまた同じ様な気もする)
道路一本隔てて建ってます
まあ、
展示の主張はさておき
建物はなかなかです
Commented by GG-1 at 2006-09-07 19:30
>ouchiyama-archi様
ほう、芋煮会でもしているのかと・・・
失礼しました
戦地となりましたが、最初は植民地支配をしようとしていたからだと思います
物資補給等、当時の一番効率の良い輸送は鉄道でしたから
朝鮮・台湾・樺太などとはチョイと事情が違いますがね
因みにおとついの9/5は日本軍が最後の戦闘をした日です
<< 和洋 御自由にお飲み下さい >>