變圧器

e0072159_2136587.jpg

スリバチ学会@馬込・山王


EOS-1DmkⅡ EF24~105/4

軒先に雨ざらしで置かれていた
超大型ゴミバケツの様な物体

ナンじゃこれ
e0072159_21363588.jpg

変圧器と書いてあります
へんあつは旧字体
「変」は変換出来たが「あつ」は変換出来ず

上のプレートには「日本光学」とありますが
これって今のニコンのことかな

ちなみに蓋を開けてみると中はがらんどうでした

どんな軒先かというと・・
e0072159_21371161.jpg


e0072159_21375529.jpg


e0072159_21381996.jpg


土間付きの平屋
結構好きだな、こんな家屋
昔は何か商売をしていたのでしょう
電気関係かな?

でも
何で軒先に変圧器のケースとモーターが転がしてあるのかは不明




人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-11-13 21:49 | 建物・街歩きなど | Comments(12)
Commented by satobo at 2006-11-13 23:04 x
大阪変圧器株式会社は現存し、株式会社ダイヘンに名称変更になっていますね。
これにニコンがどのように関わったのかは不明。
銘板の「電気」と「日本光学工業株式會社」の間には何が記されていたのでしょう?
終戦後わずかの民生移行の時期に変圧器でも作っていたのでしょうかね。
ニコンの社史には出ていませんでした。
Commented by うっちー at 2006-11-14 00:37 x
日本光学工業株式會社はまさに今のニコンのことですから、このトランスは
ニコンの工場に設置され、設備管理のために銘板をつけていたのではない
でしょうか?
Commented by GG-1 at 2006-11-14 00:46
>satobo様
ダイヘンとなってますか
ダイキンやカネボウの様な片仮名社名が時代の変遷を感じさせますね
銘版の間の文字は錆さびで読めませんでした
Commented by GG-1 at 2006-11-14 00:47
>うっちー様
おお
なるほど
大井町も近いですしね
信憑性がありそうですな
Commented by Aria at 2006-11-14 18:50 x
日本光学って、はっぱりニコンのことなのでしょうかね?

錆が良い感じでたまりませんね。
錆が写った写真大好きなんです。
さび付いたポンプなどを見かけると、ついつい撮ってしまいます。
Commented by neon at 2006-11-14 21:16 x
こういう平屋がね~、大好きなのですよ~。。。
四角と三角の組み合わせ、という感じもね~、大好きなのですよ~。
Commented by kadoorie-ave at 2006-11-14 23:28
戀厭器かと思ってしまいました。
古い器具や道具に、旧漢字の物を見つけたときって、特別な発見をしたみたいな気がして嬉しくなってしまいます♪(昔、高校の修道院のオルガンを見たら裏に「山葉」と書かれていたのを見たときも嬉しかったです。)
ところで、「株式会社ダイヘン」というのはつまり「株式会社大変」ってことなんですね...そりゃ、漢字での表記はしにくいですね。
Commented by GG-1 at 2006-11-15 16:05
>Aria様
どうやらそのようですよ
↑でうっちーさんの考察が正解なのではと思はれます

錆好きは私も御同様
なんかしらんが撮ってしまいますよね
Commented by GG-1 at 2006-11-15 16:06
>neon様
平屋っちゅうのがエエでしょ
ああ、住んでみたい
Commented by GG-1 at 2006-11-15 16:09
>kadoorie-ave様
嫌ってどうする(笑)

うんうん
旧字体が書かれたモノを見つけると嬉しくなりますね
なんでじゃろ?

大変はそりゃ片仮名しかないですわなあ
漢字だと信用が全く無い会社の様ですからね
Commented by tin_box at 2006-11-16 15:52
銘板の子供がいたずらにかじったような跡がいいですね。
この時代じゃPCBの危険もないのかな。
Commented by GG-1 at 2006-11-16 16:49
>tin_box様
なんか引っかいたような傷はなんでしょうね
コイツの持ち主が読めなくしようとしたのか
それとも
唯単に近所の猫が引っかいたとか・・・

1940年代ですから
危険物もなんでもありだったのでしょうね
今はコイツは危険性はありません
中はからっぽでした
蓋は簡単に開く状態でしたので
(だからって開けて良いとは限りませんが)
<< 取り残されて・・・ スリバチ学会@馬込・山王 >>