日差し

e0072159_155242.jpg

西麻布


MamiyaRZ Sekor65/4

日差しに包まれ
其処に存在しておりました

二階のドアは何の為だろう
と、眺めていると
買い物袋をぶら下げたオジサンがす~っと路地の方へ吸い込まれていきました



フィルムはプレスト400ですが
現像の際、前浴すると
ハレーション防止の薬品が溶けてくるのか
ものすごく青い液体が出てくるのだが
昔は無かったような気がするが、何時からこうなったのだろう

人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-11-16 15:10 | 建物・街歩きなど | Comments(6)
Commented by nontan91 at 2006-11-16 21:40
こんばんは^^
確かにこのドアは何のためにあるのか、不思議です。
借金取りが来たときのための非常口?
↓の廃墟もよく残っていたものですね、カメラ屋さんを回るときに
この辺通りますが、信じられませんね^^
Commented by カーク at 2006-11-16 22:49 x
日向ボッコに良い季節になってきました。
青い液体は結構前からあったような、そういう僕は最近、
自分で現像していません。
氷がいらない季節になったからそろそろ始めようかな。
↓はビックリです。
Commented by GG-1 at 2006-11-16 23:02
>nontan91様
古い家屋では
ワケの判らん用途不明のトマソン物件にちょくちょく出会います
改築を重ねた結果でしょうから
それも年輪の一部として楽しむべきなのかもしれません
一階の路地部分が大きく開くようになっているので
昔は町工場で
それに伴う二階への搬入口でしょうかねえ

↓のボロ屋もエエでしょ
銀一の近くです
Commented by GG-1 at 2006-11-16 23:05
>カーク様
寒くなってきて日向が恋しい季節となりましたね
(まるで猫のようですが)

溶解液は
そのまま使える季節を過ぎて
もう温めないといけなくなりました
Commented by MUSUCARI at 2006-11-17 09:58
「古い」という魅力にもいろいろあるもんですねえ。
・・・人間もかっ。
あああ、シワが、たるみが・・・これは恐怖。
Commented by GG-1 at 2006-11-17 10:33
>musucari様
建物に関しては風雪耐えてきた時間が長い程魅力は増すようです
年輪を感じさせる滲み出る魅力とでも申しましょうか
ハイ、勿論人間もですよ
どんな時間を経てきたかにもよりますがねぇ
<< 街の電器屋さん 取り残されて・・・ >>