残滓

e0072159_11422766.jpg

長者町


EOS-1DⅡn Sigma12~24

街中で
ちょくちょく目にする建物解体中の光景

木造建築もそうですが
PCコンクリだと
床の無くなった状態で一番外の壁を残して作業しているのを良く見かけます

健在時は特に興味をひかなかったであろうこの建物も
こうなると、何故か気になる

e0072159_11424586.jpg







人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2006-12-28 11:48 | 建物・街歩きなど | Comments(4)
Commented by wills-d at 2006-12-28 13:27
木造の場合は巨大なハサミのような重機でバリバリ壊しますけど、
コンクリ造の建物は順を追って壊していくから、その変化も面白いですよね。
ちょっと見ただけでは、作ってるのか壊してるのか分からない位の物もあったりで・・・
Commented by 西山遊野 at 2006-12-28 20:53 x
コンクリートと木造、多少の違いはあれどやはり解体現場はちょっとさみしいですね。
スクラップアンドビルド壊しては造り、造っては壊し。
なんかね~合理的ではあるがまだまだ使えそうなものを潰すのは
もったいないね~
Commented by GG-1 at 2006-12-29 13:20
>wills-d様
コンクリート建築の場合、大概壁を残して壊してゆきますよね
その壁が少し悲しいながらもなんとも言えず興味深いのですよ
最後の悲鳴のような、足掻きのような・・・・
Commented by GG-1 at 2006-12-29 13:22
>西山遊野様
そうですね
寂しいモノがありますね
とはいえ、普段見れないようなところも見えますし
なにやら、惹かれるモンがあります
廃墟趣味にも通じるようなモノでしょうか
<< 親と子 交差点にて 大駐車場 >>