マテリアル-3 しつこく煉瓦

e0072159_035719.jpg

高麗橋


ToyoView45 Fujinon90

煉瓦モノなら此処も好き

小ぶり乍も辰野金吾設計(明治45年・1912)
大中証券時代です
現在はフランス飯屋だそうな

取り壊すより、内部を改装して使っている状態で生きている方がナンボええ事かいな
ファサード保存と違って、ある程度内部も残り次の時代まで生きるからね

右奥の隣は
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ設計の日本基督教団浪花教会(昭和5年・1930)であります

名建築といっても、うかうかしていられない
ヴォーリズ設計で登録有形文化財に指定されていた
神戸須磨の旧室谷邸が1/17から解体されているとの事をちょくちょくお邪魔しているブログで知った
う~
見に行きたかったがチト遠い
南無~


人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-01-28 00:22 | 建物・街歩きなど | Comments(8)
Commented by neon at 2007-01-28 21:01 x
陽がうまく当たって意匠がくっきり見えますね。日頃ボロ建築ばかり見ている私にとっては「小振り」どころではなく、堂々とした風格さえ感じます。
「大中証券」は邪魔に感じるのですが、電線の交差は何故か結構好きです。。。
Commented by Porco Rosso at 2007-01-28 21:15 x
Ariaです。(笑)
この度、こっちのHNに変更することにしました。
先日、イタリアに行った知人にお土産話を聞かされ、イタリアに行きたい、移住した病が、再発してしまったからでして、、、。

建物、この角度から撮ると、面白いですよね。
煉瓦の建物、見るたびに立ち止まり、モノクロフィルム持ってきていれば〜。と思うことが多々あります。
私の住んでいる所では、近くに煉瓦のゴミ焼き場(今はもう使われていない。というか禁止)があるくらいでしょうか。
Commented by GG-1 at 2007-01-29 00:50
>neon様
ボロいのも好きだが
こういうのも結構好きなのですよ
共通点は時間が経っていることですかな

この建物が建てられた当時は
こんなに電線に囲まれるとは思っとらなんだやろうな
Commented by GG-1 at 2007-01-29 01:01
>Porco Rosso様
改名、了解しました
カッコエエですな
ほなら私ゃSavoia21かMacchi67にしまひょかいな

煉瓦造りの建造物は
コーナーなどに石が配している場合が多い所為か
モノクロが似合いますよね
カラーでしか撮っていなかったモノもあるのですが
なるべくモノでも撮りたいと思います
近所に在るなら、とりあえずは抑えておいた方がエエかと思いますよ
何時の間にやら無くなっている場合が多いですしね
Commented by kadoorie-ave at 2007-01-29 02:25
さすがにお好きなだけあって、GG-1さんのレンガものはいいですねえ。
辰野金吾設計なんですか。なるほど、感心。
ファサード保存のものには、どうも寂しいものが多いですねえ。
フランス料理屋、薄っぺらな外国風の建物ではなく
時を刻んだ建物なのだから、料理の味わいも増しそう。
Commented by 西山遊野 at 2007-01-29 21:33 x
大中証券は辰野金吾でしたか。そういえば辰野式ですね。
しかもお隣がヴォーリズですか知りませんでした。
これは行ってみる価値ありですね。
Commented by GG-1 at 2007-01-30 01:06
>kadoorie-ave様
恐れ入ります
そう、あの辰野金吾なのですよ
東京駅にも通じる重厚さがあります
ファサードのみの保存は、どうも宜しゅうないのがおおいですな
かといって。全部壊してしまうよりはマシか
こんな感じに
内部のみの改装で残ってくれるのがエエんですがね
こんな料理屋なら味も美味しそうなのですが
財布の心配で気軽に中に入りにくいのが、まあ欠点と言えなくも無いなあ
Commented by GG-1 at 2007-01-30 01:15
>西山遊野様
この一角は或る意味かな~り濃いスポットです
未だ生き残っている筈ですので是非

出来たら仏飯屋のレポートもお願いします
(内部はどれ位残したんじゃろ?)
<< 掃除道具セット-2 高札 >>