大劇場の品格

e0072159_0243825.jpg

大阪松竹座


Toyo View45 Fujinon90

映画館時代の松竹座

大劇場の二階席フロアー
三階席へと階段は続く

柱や照明の細部に
なにか大劇場の品位のようなものを感じます






人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-03-23 02:00 | 建物・街歩きなど | Comments(6)
Commented by wills-d at 2007-03-23 11:00
これに似せた建築物はいくらでも造る事は出来るけど、
時間も加味された本物は2度と造る事は出来ないんですよね・・・
「勿体無い」と言う言葉を持っている国なのに。
Commented by sana_labo at 2007-03-23 12:36
貴重な一枚ですね。

階段を行き交う人々…
舞台裏の人々…

往年の活気が復活して見えるようです…
Commented by GG-1 at 2007-03-23 12:37
>wills-d様
時代を潜り抜けてきたモノだけが持つ風格というものが建物には有ると思います
新しいものも時間を経ると、それなりの風格もでてくるのでしょうがね
言い換えると、それだけ永く使われてしかるべきモノを建てるということでしょうか
映画館から本来の目的たる演劇専用館に改築された際に
正面のネオルネッサンス様式の大アーチのみを残して全面改築されたのは、やはり此処は少しでも残すべきと考えたからでしょう
Commented by GG-1 at 2007-03-23 12:43
sana_labo様
大正12年に建てられた当時は
盛装した人々が行きかう社交場のような所だったのではと想像させてくれるような、重厚な装飾様式でしたよ
平成6年から平成9年にかけての改築の際に残したのは正面ファサードだけのようですので、この写真に写っている2階ロビーは、もうこんな感じではないのではと思います
同じ様な感じで残っていると嬉しいのですがねえ
Commented by sana_labo at 2007-03-24 01:31
はい、今度ぜひご来阪のおりには、再度撮影してくだされ。
私が「来阪」というのも、おかしいですが
Commented by GG-1 at 2007-03-24 13:22
>sana_labo様
演劇専用劇場となって生き残っているのは喜ばしいのですが
一寸敷居が高くなったような気もしますので
さて、どうなることやら
<< スウィングしなけりゃ・・ シネマ パラダイス >>