悲鳴の狼煙

e0072159_0311694.jpg

勝どき一丁目


EOS-1Ds EF24~105

その命絶たれる時
悲鳴の狼煙(のろし)を上げるのだ


先月末訪問の際には
中央部分はもう無くなっていて
パテオが出現しておりました

e0072159_1393378.jpg


この時は屋根が未だ連続しております

では三枚

e0072159_140327.jpg


e0072159_1404923.jpg


e0072159_141722.jpg


結構あっけなく崩れるモンです

e0072159_1422865.jpg


そして
断末の狼煙は
さ~っと風になびいて
消えてゆく・・・



人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します


しかし
この↓タグが似合わなく為ってしまったなぁ
[PR]
by GG-1 | 2007-03-29 01:44 | 建物・街歩きなど | Comments(16)
Commented by sana_labo at 2007-03-29 11:15
なんだかとても無念な感じがしますね。
と同時に。

長い間。

おつかれさまでしたと、声を掛けたくなります
Commented by wills-d at 2007-03-29 11:28
リアルに時を感じさせる写真ですね。
この場所の再開発後は、最下部の写真右側に移っている商店街(?)が
とり残された場所になりそうですね。
Commented by dickshige at 2007-03-29 13:08
まさに悲鳴なんでしょうね。
もう巨大ショッピングモールはごめんです。
Commented by Porco Rosso at 2007-03-29 20:16 x
結構あっけなく崩されて行きますよね。
日御碕のところにあったホテルも、最近崩されたのですが、このように悲鳴をあげていました。

屋根が連なる面白い場所なのに、もったいないですね。
Commented by 西山遊野 at 2007-03-29 20:42 x
これは生々しいシーンですね。
こういう場所をみつけてよいアングルから激写される
行動力と機転なかなかのものでございます。
Commented by 花電車 at 2007-03-29 21:17 x
終焉に立ち会うことの、言い難い哀しさと虚しさが、かえって蒼天によって掻き立てられる気がします。が、この瞬間に立ち会われたことは、非常に意味あることだという気もします。
Commented by tin_box at 2007-03-29 21:41
音が聞こえ的そうですね。
Commented by sanshogyo at 2007-03-30 17:03
むかしの建物は暮らしの香りがありました。
いまの建物は・・・お金の香りが漂ってきます。
壊したものに報いるためにも、よい方向での発展を望みたいものです。
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:30
>sana_labo様
ホンマ永い間 と言う感じです
その時間が屋根裏などに積もり積もった埃の量(誇りの量?)として
解体時には現れると言うことですな
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:33
>wills-d様
画面右手側にはマダマダ古めの商店や住居が残って広がっておりますので
取り残されたと言う感じはしないと思いますよ
いや、新しいこの跡地に出来るであろう建物のほうが回りから浮いて見える事でしょう
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:34
>dickshige様
や~、其れは勘弁
先日ららぽーと豊洲に行きましたが
あのような、工場跡なら兎も角ねえ
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:37
>Porco Rosso様
屋根が崩れる瞬間は
あっと言う間でした
先日再訪したら、意外と解体は進んでおらず
崩したものを選り分けるのに時間が掛かるようですね
最近は建築産廃の処理など、昔より厳しくなっているようですしね
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:39
>西山遊野様
辺りをぐるりと白い鉄板柵とシートで覆われていますので
それよりも高い所からしか見る事が出来ないので
しょうことなしに探して登ってみました
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:40
>tin_box様
建物は悲鳴を上げることを出来ないけれども
代わりに
大きな狼煙を上げておりました

風向きが此方に吹いていなくてヨカッタ
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:42
>sanshogyo様
お金の香りねえ・・・
金額の割には安っぽい気もするが・・・・
・・・・・・・
Commented by GG-1 at 2007-03-30 20:50
>花電車様
この瞬間
終焉に立ち会えた事は、見届けたような
この街区に対する礼儀を果たせたような気さえしています
<< 桜の花の咲く頃 純粋長屋 >>