消える看板

e0072159_028573.jpg

松本中劇


EOS-10D Sigma18~50

三信ビルに続いて
消え去るものエントリー
時系列では此方の方が先ですがね

良く見ると、この看板
自転車のホイールを流用していますね

e0072159_0313594.jpg


閉館にあたっての館主と看板屋さんの「お礼のことば」
開館番組「霧の夜はなし」 萩原遼/長谷川一夫
改館番組「太陽がいっぱい」 ルネ・クレマン/アラン・ドロン
      「バファロー大隊」 ジョン・フォード/ジェフリー・ハンター
      「お熱いのがお好き」 ビリー・ワイルダー/マリリン・モンロー
閉館番組「ラスト サムライ」
      「ハリウッド的殺人事件」

節目の上映番組を列記してありました

手書きの看板がエエ感じ
大事な要素だったのでしょう
だからこそ
お礼の言葉の看板が連名なのでしょう

e0072159_0421823.jpg


育った街ではなく
慣れ親しんだ映画館でもないけれども
消え去り行くものにはセンチメンタルになります

この日も
青天井な迄に天気がよかった・・


人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-04-03 00:48 | 建物・街歩きなど | Comments(10)
Commented by Porco Rosso at 2007-04-03 08:26 x
青い空、消え去る日というのは、なぜに天気が良い日が多いのでしょう。

ラストサムライ。大きな画面でもう一度見たかったなあ。
これは、ラストサムライが上映していた時期に閉館だったのですか?
Commented by henronin at 2007-04-03 12:19
「おっ」と思いました で...  三信ビルもいろんな提案や運動をしましたが取り壊しですね やはり寂しいです。
Commented by GG-1 at 2007-04-03 12:44
>Porco Rosso様
ラストサムライは2003年末公開の映画
コレを見たほとんどの人は2004年だったと思いますので、丁度公開時です
撮影は2004年です
何故か消え去るものを撮るときには上天気な日が多いですね
其れが妙に印象に残る所為かな
Commented by GG-1 at 2007-04-03 12:47
>henronin様
下の記事ですね
唯一の営業店たるニューワールドサービスが消えると言うことは
三信ビルが消えるのと同義ですからね
近代建築が好きな者として、保存運動が実らなかったことは寂しい限りです
Commented by sana_labo at 2007-04-03 14:01
しぶいですねぇ。
この手描きの看板、取り壊してしまうのかしら
どこかに保存してほしいな
Commented by neon at 2007-04-03 20:40 x
はは~ん、こういうものだったのですね、自転車の車輪を使っているっていうのは。。。いや~よろしいですね、デザインとともに遊び心が非常に。
Commented by GG-1 at 2007-04-04 00:12
>sana_labo様
手書き看板が味があってエエでしょ
最近は又手書き看板が見直され再評価されておりますが
撮影時の2004年当時は未だそれほど・・・
Commented by nontan91 at 2007-04-04 00:12
なんだか知らないところなのにジ~ンと来ますね。
またこの写真の色調が渋くて、よけいに寂しさを感じます。
三信ビルも終わりですか~
Commented by GG-1 at 2007-04-04 00:14
>neon様
口で説明してもイマイチ判り難いでしょうね
そう、こんなんだったのですよ
アソビゴコロなのか苦肉の策なのかは判りませんが
なかなか面白いでしょ
Commented by GG-1 at 2007-04-04 00:31
>nontan91様
う~む10Dだからピクチャースタイルがスタンダードの筈なんだが・・
渋く仕上げたのではなく
被写体が渋いのですよ
馴染みが無い処でも、消え去る映画館と言うモノはなんだか迫るモノがありますね
文化が消えると言うかナンと言うか・・・

↓の三信ビルも同様の気持ちにさせてくれます
<< 花影を踏み乍 もう行けない >>