取り残されて

e0072159_017564.jpg

港区白金台1-1


Contax RTSⅡ Planar50 / Distagon25

時代から取り残されたような
時代に抗うような

平成になってからの写真ですが
昭和初期と言っても通用しそうな、時代掛かった堂々とした建物
asabataさんの都市徘徊blogエントリーで先日アップされているのを見て納得
幕末か明治初期の建物だそうな
そりゃ貫禄も十分な筈ですな

e0072159_025358.jpg


暗い所にポツンと燈っている白熱灯の玄関灯が実にエエ感じ
金具もよろしい
格子の隙間から住まわれている方の生活の光がチラチラと洩れているのも又宜し

では全体を

e0072159_0271052.jpg


タイトルの意味は判って頂けると思います
奥の交通量が多い大通りが国道一号桜田通り
左が目黒通り
丁度二つの通りが鋭角に交差する三角形の土地に
この一軒だけポツンと建っていた孤高の存在で
夜に桜田通りを通ると、ココだけ異次元な場所に感じられたモンでした

何故三角形の土地が残ったのかはasabataさんのエントリーをご覧下さい

時代に抗ったココも
何時の間にか亡くなってしまっておりました


人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-06-17 00:37 | 建物・街歩きなど
<< マテリアル-4 左程明るくなか... 水辺と生活 >>