入り口良ければ

勿論、中も良し

e0072159_5291481.jpg

中野区中央


Contax RTSⅢ Distagon25

照明の台座が凝っているな~
この時期のモノは
大抵台座に凝っているのが多いが
元々はどんなものが此処からぶら下がっていたのだろう

e0072159_5314963.jpg


入り口スグの階段部分
床のタイルがたまらん

e0072159_533077.jpg


照明の台座は一つだけに非ず

部屋の窓枠等の作りもエエ感じ



こんな時間にアップしているのは
久々にプリントしていたから
ウチでは遮光がよくなくて、日が暮れてからでないと始められないのです

やっていると
どうも好みが変ってきているのか昔に焼いたのとトーンが違う
全て焼き直したい気もするが
数がねえ・・・
皆さんどうしているのでしょうか


なんにせよ
やっと寝れる



人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-07-05 05:34 | 建物・街歩きなど | Comments(4)
Commented by satobo at 2007-07-05 22:35 x
ナカはイイけど入り口がヒリヒリするって事はないのですかい。
Commented by いのうえ at 2007-07-06 00:35 x
階段の1段目の処理がおもしろいですね。 こういう丸っとしたデザインは経年変化を見越してなされているのでしょうか。 もしそうだとしたら 売ったら終わりの新建材建売住宅にはない発想ですね。 
Commented by GG-1 at 2007-07-06 17:51
>satobo様
って事はないのですよ
一体ナンの喩えですかいの~
ヒリヒリする建物ってどんなんやー
Commented by GG-1 at 2007-07-06 17:54
>いのうえ様
う~ん、どうでしょう
現場での人研ぎでの仕上げと思われますが
国鉄の駅(JRではない時期)の階段などがこんな仕上げでしたよね
時代
ではないでしょうか
<< 中野ハウス-03 二階へ 入り口 >>