謎の洋館

前エントリーの
モノクロ写真の奥のほうにチラッと写っていた洋館
e0072159_1041387.jpg

港区三田


EOS-1DsⅡ EF24~105

かなり大きく
古い学校か古い公官庁のような感じ

e0072159_10412088.jpg


うむ
立派りっぱ

e0072159_10414518.jpg


裏側も又雰囲気がエエんですわ
この敷地内のモノはナンか普通ではない様式

表示には
「孫文や寺山修司が滞在していたことのある敷地内の洋館には、今でもその当時にタイムスリップしたような雰囲気を残しております」
と、書かれていた
孫文って又古いが、その当時からの建物って事だろうな

此処は開創が寛永八年(1631年)だそうで
歴史を大事にする所なのだろう

それにしても、此処は凄い処でした
この洋館は今は何に使っているのか、謎だが・・


人気blogランキングへ参加しています
今回エントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-07-10 00:33 | 建物・街歩きなど | Comments(6)
Commented by うっちー at 2007-07-11 01:04 x
なるほど、こちらはもっとすごいですね。格子の多い窓が風格を感じさせます。
まさか大きな板ガラスが手に入らない時代だったからこうなったわけでは
ないでしょうから・・。
それと屋根に飛び出る明り取り?もおしゃれですね。
Commented by MUSUCARI at 2007-07-11 08:01
孫文といえば、神戸 舞子に「孫文記念館」というのがあります。
革命家は あちこち廻ってたんですねー。

「この敷地内のモノはナンかが普通ではない様式」と思わせるって、不思議な雰囲気ですねー。
何がそう思わせるんでしょうかねえ。
Commented by GG-1 at 2007-07-11 23:23
>うっちー様
どうでしょうか
確かに古い建物には大きなガラスが使はれてはいないですねえ
ホンマにそういう理由かも

飛び出ているのには
鎧窓ですので、屋根裏部屋の通気の為でしょう
この丸く飛び出ているのが、洒落ていていかにも洋館って感じを盛り立ててくれております
Commented by GG-1 at 2007-07-11 23:31
>MUSUCARI様
ほ~
神戸にも住んでいたって事ですな
ここは滞在としか書いていないので短期間なのかもしれません

何でそう思うのですかねえ
時間の積み重ねが感じられるとしか申せませんです
Commented by まま at 2007-09-05 17:33 x
最近まで某インターナショナルスクールが使っていたみたいですよ。
参考まで↓
http://ikuko-tsuboya.cocolog-nifty.com/blog/
Commented by GG-1 at 2007-09-06 01:30
>まま様
情報有難う御座います
そのスクールが入る前はなんだったのか
建築当初の用途はなんだったのか
気になるな~
<< 出世 洋館の玄関 >>