街を照らし続けるもの

e0072159_025938.jpg

四谷


EOS-1DsⅡ EF24~105

都電の敷石を転用した石畳の階段が残る街
新しいのっぺりした街灯より
こんな
コンクリート製の古い街灯が似合います

何時から
此処で照らし続けているのだろう


ちなみにコレは
此処は照度差が大きすぎて一枚ではラティチュード内には収まらないので
3枚ほど段階露光をして
レイヤー処理で一枚に纏めたものを統合してJpegにした写真です

フォトショップのHDRに結合のコマンドを使って
32bit PBMファイルを8bit Jpegにしたものが此方↓

e0072159_0111817.jpg


同じピクセル数なのに
PBMファイルは一枚190MBと巨大になる割には
なんだか変な感じですな~
レイヤーマスク処理したPSDファイルは164MB
手間はかかるがチャンネルでマスクを濃くしたり薄くしたりと色々手を加えられるしこっちの方が私ゃエエな~

人気blogランキングへ参加しています
今回のエントリーで「おっ」と思われたなら
クリック御願い致します
[PR]
by GG-1 | 2007-09-23 00:17 | 建物・街歩きなど
<< 街を照らし続けるもの 02 電線音頭 >>