電線扇長屋生活

e0072159_021472.jpg


EOS-1DsⅡ EF24~105

冬場の弱く低い光に
照らされた地道の路地の前に広がる長屋

扇形に各家に広がる電線

足元から
じゃりじゃりと音を立てて地道を歩いて
この場所に立った刻
何故か涙が出そうになった
[PR]
by GG-1 | 2008-03-02 00:27 | 建物・街歩きなど | Comments(4)
Commented by えいはち at 2008-03-02 07:26 x
なんかあらためてこうして見ると、
我々のライフラインって意外と脆弱なんだな~と思いました。
Commented by neon at 2008-03-02 07:44 x
エエです、こういう過去の幻影のような家並みに出会うと、はからずもさしぐむような気持ちになりますなぁ。
・・・タイトルちょっと苦慮しましたね(笑)。
Commented by GG-1 at 2008-03-02 13:22
>えいはち様
この一本の親柱電柱が倒れるとこの長屋全体が停電します
最近ではこの様な集中化は見られませんね
此処はもう
ガスメーターが外されており余命は長くなさそうでした
それにしても
日曜日というのに朝早いですね~
Commented by GG-1 at 2008-03-02 13:23
>neon様
なんだか
切なくなる様な光景でした
判って頂き有難う御座います

タイトルは毎回苦労するのですよ
今回のはちょいと無理がありましたかね~
<< 節句なので ピンクな街角 >>