オラガビール跡 裏から失礼

前エントリーでは
包まれてしまって
中がどうなっているのかヨウワカランので
裏へ廻ってみます

隠されていると覗き込みたくなるのは私の性格の様です

e0072159_1162570.jpg


Contax RTSⅢ Distagon25・35 Planar50

もう半分が無い~

e0072159_1164581.jpg


上空には鳥がくるくると
屋上庭園に巣があったのでしょうか


e0072159_1165713.jpg


大量の鉄筋が丸めてありました
この大きさの建物でも
鉄骨ではなく鉄筋PCで全部造っていたみたいですね
当時はコレが普通だったのでしょうか


では全体を

e0072159_117730.jpg


むうう~
なんか感傷的になるな
[PR]
by GG-1 | 2008-04-04 11:13 | 建物・街歩きなど | Comments(2)
Commented by tabijitaku at 2008-04-06 00:31
ショベルカーが肉食竜に見えますね。食べ応えのありそうな建物です。破壊はドラマチックですね。↓脳内着色、なかなか面白い言葉ですね。最近の世の中的にはno more着服でしょうか。
Commented by GG-1 at 2008-04-06 12:01
>tabijitaku様
アームがエラク長い重機でした
其れを振りたてて
破壊していました
建物が其の侭残ってくれるのがエエのですが
解体中や廃墟には又健常な時とは違った人を惹きつける何かがあると思います
<< 在りし日のオラガビール跡 クリスト・オラガ >>