陽のあたる場所へ

e0072159_0154356.jpg


Contax RTSⅢ Distagon35

太陽を求めて
軒の端から外へ外へと

調子に乗って空をPSで焼きこんだが
ムラが・・・
まあエエか
実際の紙焼きの時は出ないし~
[PR]
by GG-1 | 2008-12-29 00:22 | 建物・街歩きなど | Comments(4)
Commented by Hologon158 at 2008-12-29 21:53
凄いですね。
RTSⅢをお使いとは!
これぞアナログカメラの究極の到達点だったでしょうね。
私には、重すぎて、高すぎて、ついに買えませんでした。
自分じゃ使えないけど、使っている方は尊敬しますね。
ゾナー180mmは、私にとって、写真の歓びを開眼させてくれた名レンズでした。
開放でも、なぜか深い被写界深度が印象的な絵作りをしてくれたように思います。
コンタックスのモノクロームに交替してから、画像が以前よりも親しみと深みを増した感じがします。
Commented by tin_box at 2008-12-29 22:11
カークさんと同じ物件ですな。
表現がそれぞれなのが面白いですね。
Commented by GG-1 at 2008-12-30 00:25
>Hologon158様
RTSⅢは最初に購入してから
15年程経ちますがファインダー内液晶を取り替えただけで
大きな故障も無く動いています(それでも逆光時は見えない)
今やMF機は安くなっていますよ~
重いとよく言はれるが
何時も持ち歩いているデジカメに比べると
なんと軽い事か

ゾナー180も好きなレンズで
20年以上の連れ合いです
Commented by GG-1 at 2008-12-30 00:28
>tin_box様
同じ物を見ていても捉え方が人にって違う
複数人での撮影は単独行とは違う楽しさがあります
<< Country road それでもサンタはやってくる >>