「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

第三回アースダイビング@江戸東京地下水脈 その2

e0072159_037256.jpg
水源を確認した善男善女の一行は明治神宮を後にします
(なに?、厚かましいですと
すみません、私をカウントしないで下さい)
e0072159_038034.jpg

清正井からの流れは竹下通りを流れます
原宿駅に沿った道を歩くと真ん中の竹下口改札が
底となった擂り鉢状というか漏斗のような地形は川の所為だったのだと納得しました
現在は水の代わりに大勢の人間が流れてゆきます

e0072159_1214363.jpg

途中川は竹下通りから外れ現在ブラームスの小道なるチョット恥ずかしくなるような名前の道へ流れて行き、一行もそれに沿って明治通りを横切り原宿通りへと進んでゆきます
皆さんは流れを思い起こしながら写真を撮ったりしておりましたが
私はキョロキョロとこんなものを撮っておりました
左・表面は綺麗にしゴミは奥まった所へ置いてあるワイ とか
中・看板のオネーサンに見とれていたり
右・お店のパンフ置きまで洒落とるなあ なんて本来の企画意図から脱線しておりました

e0072159_0534416.jpg
e0072159_054785.jpg


とはいえ、こんな魅力ある建物を見ると撮らずに居られません
東京砥精・・んん~なんぞや
研ぎの字が傾いております
原宿は傾くのが流行りなのか
車椅子の標識まで傾いております
(ウィリー失敗を連想し一人で笑っておりました)

e0072159_0575037.jpg
ここらから渋谷川を遡上
道端の、訳の判らん鉢も一行を見守ってくれております
しかしこのブリキ製の一斗樽見たいな物
正体はなんなのでしょう
取っ手は付いているし
小さい穴ぼこが沢山開いているし
大きな火鉢の中子にも見えますが・・・















e0072159_12425855.jpg
そうして、歩くほどに
竜岩寺(龍厳寺)到着
昔見えたであろう富士山が今日は見えない
皆さんは富嶽三十六景の青山円座松に思いを馳せているご様子
明治通りのほうが高い気もするが
此処も昔は高く、川の対岸で見晴らしも良かったのかな
などと思いながら、鎌倉通りを熊野神社の方に向かい
熊野通りを右折、木曽アルテックという会社のショールームに立ち寄り
漆の匂いをかぎながら付いている値段に目を丸くし
キラー通り(外苑西通り)に出て、有名な【塔の家】に到着
此処で御一人合流、総勢17名に

皆さん熱心に説明に耳を傾け
観察・見学しております

私は隣のこんなのを撮ったりしておりました
和服に反応したのです(皆様すみません)
左にはためく HCL は堀内カラー現像所
現像所といっても、此処の営業所は先日とうとうフィルム現像を止め
デジタル専門の店舗となってしまいました
んん~、時代の流れですなぁ
e0072159_13485417.jpg

左・都会は凄い。土地が無いのでゴミ箱も地面に植わっております(んな訳ないない)
右・うう、又しても和服に反応。趣味丸出し・・・

e0072159_13554793.jpg
これまた凄まじい不動産屋
以前から見ておりましたがジックリは今日が初めて
良く立ち退きに遇わないものです
246沿いの外苑前
左はベルコモンズ
右はBMWショールーム
凄い一等地ですよ
ここで平屋はある意味贅沢かもしれません




e0072159_1471966.jpg
この後一行は吉村順三設計の青山タワービルを見て
笄川の水源の一つである 梅窓院 に向かいます
振り返ると、高さも丁度同じ位の塀が建てられております
まるで不動産屋を隠しているように思えたのは
私だけでしょうか

まだまだ その3へ続きます

アースダイブとは全く関係有りませんが・・
[PR]
by GG-1 | 2006-01-31 00:59 | 建物・街歩きなど | Trackback | Comments(14)

第三回アースダイビング@江戸東京地下水脈 その1

昨日、1/28(土)に第三回アースダイビングに始めて参加させて頂き
久々に沢山歩いてまいりました
今回は渋谷川と笄川(こうがいかわ)の水源から、その流れを歩いてまいりました
皆様お世話になりました。有難う御座います
当日の主旨詳細は企画者のiGaさんのMADCONNECTIONの報告エントリーを御覧下さい

まずは渋谷川の水源を確認しに明治神宮御苑に入ります
e0072159_3593899.jpg

e0072159_3595256.jpg
上は苑内の高台にある「隔雲亭」
縁側の真っ白な障子に当る日差しが綺麗な建物でした
うう、こんな縁側で茶を啜り、みかんでも食べながら
本でも読みたいなあ・・・
なんてこと考えながら振り向くと皆様は降りてゆきます
む、遅れてはいかん と小走りに追いつきます
(結局、この後も遅れまくってしまった)

2枚目は、南池に張り出す「御釣台」より
辺りの様子を確認観察する御一行
この時点で総勢16名(自分含)

この後水源の清正井に向かって歩いてゆきます
e0072159_422856.jpg
e0072159_4222815.jpg

この2枚は菖蒲田(しょうぶだ)
花菖蒲が沢山植わっており、其々に花の名前が書かれた札が立てられております
菖蒲田は蛇行しており、川の様子がわかります
左の3枚目は、周りに緑が多い所為か日陰には未だに雪が残っており
武蔵野の面影をほうふつさせてくれます
ここが原宿とは思えません

で、水源の清正井に到着e0072159_4324835.jpg
日陰の奥まった所に
ひっそりと存在しておりました
「清正井」とは、この地に下屋敷を構えていた加藤清正が掘ったと伝えられ
一年中絶えることなく湧き出る清水 だそうです

この後は水源から渋谷川に向かって川筋を下ります
e0072159_4403390.jpg

清正井から戻る際の道から菖蒲田の方を見ると
しっかりと谷となっています
水は低きへと流れるもの
川になるのも当然の地形です

次はその2へと続きます
[PR]
by GG-1 | 2006-01-30 04:49 | 建物・街歩きなど | Trackback(7) | Comments(24)

雪の日Ⅵ-2  法務省本館_手直し版

e0072159_148272.jpg

前エントリーにてうっちーさんよりアドバイスを頂き
それに従ってレタッチしてみました
全体からGとCを補正し
トーンを落としてみました
地面の雪はMが掛かりすぎるので下の部分のみレイヤーマスクで補正
ついでに、立体感を強調すべくシャドウ部を焼きこみ
植え込みを覆い焼き

お陰様で、だいぶシャキッとして見えるようになりました
アドバイス有難う御座います
[PR]
by GG-1 | 2006-01-30 02:07 | 建物・街歩きなど | Trackback | Comments(0)

雪の日Ⅵ  古豪  法務省本館

e0072159_1423372.jpg

ジナーP2  ジンマー150/5.6

まだ続きます雪の日写真
(え、しつこい? すみません最近ネタがないもので・・・)
此れもストック写真
日付は私の頭でも間違いなく覚えております
数字が一個しか有りませんから(笑)
平成2年2月2日
2しか有りませんね

この日はP2を借りて出かけたのですが(私の持っているのはF2)
まあ、重い事重い事
外に気軽の持ち出すものでは有りません
直ぐにへたばってしまいました~
[PR]
by GG-1 | 2006-01-28 01:51 | 建物・街歩きなど | Trackback | Comments(22)

雪の日Ⅴ 新宿雪景色

e0072159_1504810.jpg

RTSⅡ P50/1.4

下北沢雪景色が好評だったようなので
調子に乗って、更に雪景色を・・
木でも何処でも登りましょうとも

e0072159_1541192.jpg

アルタの隣に「KonicaPlaza」のでっかい看板が堂々とあるのが、今となっては泣かせます

写真事業撤退どころか、ミノルタとくっつく前、
まだフィルムが何時までも続くと
信じられていた時代
[PR]
by GG-1 | 2006-01-27 02:01 | スナップ・風景などなど | Trackback | Comments(13)

雪の日Ⅳ 下北雪景2

e0072159_1181733.jpg

全て EOS-1Ds EF24/2.8・50/1.8

間に下北沢シンポジウムを挟みまして
下北沢雪景色4回目  ネオンが降る雪にけぶって中々綺麗でした

e0072159_123191.jpg
又しても踏み切り
下北=開かない踏み切り と頭に刷り込まれているもので・・

踏み固められ、
すべりやすくなってます
水が流れているようにも見えますね








e0072159_1253871.jpg
お店の少ない路地は雪が残り
足跡がハッキリと残ります
靴の形から、此処にはチョット前に
男性と女性のカップルが通った様です
右が女性
左が男性の靴跡に見えます











e0072159_1304359.jpg

駅前の郵便ポストの頭にも雪が載っており
ポストの庇は立派に役目を果たしております

寒い夜には暖色系の灯が、誘っているようにも思えます
[PR]
by GG-1 | 2006-01-26 01:42 | スナップ・風景などなど | Trackback | Comments(14)

下北沢シンポジウム   市民アンケート結果の発表

拙ブログでの前エントリーの要望書の後、区の計画などの進展はどうなっているのか気になり
本日06・01・24(火)私は 下北沢の北沢タウンホール11階 第1・2研修室に於いての
「下北沢フォーラム」主催 下北沢シンポジウム 市民アンケート結果の発表+代替案を考えるキックオフ会 を見に行ってきました
e0072159_104138.jpg


19:00から 此れまでの流れについての概略説明 の後 市民アンケート調査についての説明・
代替案についての概略説明と意見交換 がプログラムでした

e0072159_145155.jpg
写真だけ見るとなんだか授業風景のようですが
皆さん真剣に聞いておられます
興味本位で行った私は恥ずかしくなりましたよ
21:30まで2時間半のシンポジウムでしたが、
聞いているうちにアッと言う間に時間が過ぎてしまいました

此れまでの流れについては本日の概略説明もされた高橋ユリカ氏の「サステイナブル☆下北沢」その1 から その9 に詳しく載っております

下北沢らしさについてのアンケート結果は抜粋が
下北沢フォーラムのサイトにて 下北沢フォーラム通信4 アンケート結果 としてPDFファイルで公開しています
地域商店と地域住民両方へアンケートを行って
配布3024通 回収部数1209通 回収率40%だそうです
興味深いのは、住民・商店共に現在の下北沢の状態が良くて
大規模な道路は必要だと思わない と言う意見が矢張り多かった事
今回出席者の中に区議会議員の方がいらっしゃり、議会で
「本当に住民側は道路を望んでいるのか」の質問に
某創O学Oの政党の議員が「本当に住民は道路を望んでいる」と回答したそうです
行政側としては住民に意見を聞いても代替案が大概無く、決まっていることを進めるしかない場合が多いそうですし
本年度中に、区としては決定したいそうですので急いで代替案を決めなくてはなりません

で、代替案ですが
この時説明された物は、世田谷区の案も含めて八つが表になり特色が比較検討されておりました
世田谷区(小田急線)案(現在進められようとしているモノ)
しもきた商店街振興組合街づくり委員会案
ハーバード大学院デザインスクール、ピーター・ロウ教授スタジオ大学院生案
慶応義塾大学院生案
明治大学案
Save the 下北沢案
ジャイメ・レルネル案
下北沢有志案
それぞれ特色ある案でした
ジャイメ・レルネル氏とはブラジルのクリチバ市の元市長で国際建築家連合(UIA)の元会長
市長時代に街の商店の反対を押し切り、ゲリラ的に24時間車両通行止めの歩行者天国にしたところ反対していた店の売り上げが以前より上ったと言う逸話の持ち主だそうです

代替案で興味深いのは、まずは駐輪場(バイク含)の問題を区の案では何も無いのに他の多くは駐輪場を設定している事
二つ目は防災・避難の問題
区は道路が大きければよし だけですが他は緊急車優先道路など跡地の積極利用を考えていました
道路が広ければ延焼が防げるのは、消火の手段が少ない江戸時代の考えで
現在では消防の拠点からの有効消火活動距離を考えて道路の必要なしだそうな
アンケートで道路賛成の理由に防災の為と言う方が若干いるそうですが
阪神淡路大震災の犠牲者の理由を例に引き、火災より家屋倒壊などによるのが80%で道路しかない区の案より代替案のほうが、災害時には有効と思えました

これらの案から 2/6・2/18・3/12と住民と専門家の意見交換をしながら「市民代替案の素案」として纏めて行くそうです

素人が感じた事を書いているので間違いなどがあるかもしれませんので
詳しくは(正しくは)下の
下北沢フォーラム や Save the 下北沢 のサイトを御覧下さい
本日発表された各種の案も後日アップされるそうです

下北沢雪景Ⅳ を出そうと思っていたのですが、このシンポジウムを間に入れました
いやあ、今日は興味深い一日になりました
このエントリーをアップするのにエラク時間が掛かりましたが・・・
[PR]
by GG-1 | 2006-01-25 02:39 | その他 | Trackback | Comments(6)

雪の日Ⅲ 下北雪景

e0072159_2414029.jpg
全て EOS-1Ds EF24/2.8・50/1.8

3回目の下北沢雪景色
今度は市場以外をアップしてみます
先ずは踏み切り
中々開かないこの踏み切りも
現在地下に潜る工事が進行中ですので
雪景色はこの先何度撮れるか判りませんので
何枚か撮っておきました
e0072159_2375163.jpg

踏み切り待ちのオネーサン
この天気によく自転車に乗れる物です
それも片手に傘を持ってます
こけずに家まで帰れるのだろうか

e0072159_2451494.jpg
公衆電話の電話台
主がいなくて寂しそう
撤去された跡に
雪が載っております







e0072159_2472542.jpg

此処の前には
昼は古着屋、夜はテントのオープンカフェがあった場所です
毎晩色んなミュージシャンが演奏しており
買い物帰りや脇の自販機に煙草を買うついでに
ただでチョクチョク聞いていたのですが無くなってしまいました
テントだけですので外に歌声が良く聞こえて
中々楽しい一角だったのですが・・
[PR]
by GG-1 | 2006-01-24 03:03 | スナップ・風景などなど | Trackback | Comments(12)

雪の日Ⅱ 駅前市場その2

e0072159_121088.jpg

下北澤 驛前食品市場


2枚共 EOS-1Ds EF24/2.8

昨日アップに続き駅前市場です
この二件並んだお店も市場の一部
一番駅よりの路地で、画面右手は直ぐ駅です
突き当たりのコンクリの建物も下北沢の駅です
駅を降りて正面の賑わいは、ほんの少ししか離れていないのに別世界のようです

ひっそりとした雪の積もった路地の奥にポツンと灯る赤提灯は
温かそうで、ついフラフラ引き寄せられそう

e0072159_1125732.jpg
反対側からの光景です
この階段にも登りたい衝動に駆られましたが、
足元の状態が悪く傘とカメラを持っているので断念いたしました
路地向こうには表側のピーコックのマークが雪模様ごしに見えます
このような、ある意味対極の店が両立しているのが
この街の魅力だと思います
[PR]
by GG-1 | 2006-01-23 01:19 | スナップ・風景などなど | Trackback | Comments(24)

雪の日 駅前市場

e0072159_1332176.jpg


3枚共 EOS-1Ds EF24/2.8

1月21日は久しぶりに東京に雪が降りました
ブロガー諸兄は朝から写真を撮っているでしょうが
自分は日暮れすぎにのこのこと出かけてきました

駅前市場の南西側出口
踏み切りに面しており、渡るとオオゼキがあります

e0072159_1310463.jpg
踏み切りはこんな様子
朝や夕方は結構長い時間締まります
e0072159_1311513.jpg


北東側は駅出口の横
流石にこの天気では人が少ない
普段の週末はもっと人通りが多いです
向かいに大丸ピーコックがあり
南側には、直線で100m.程の所にダイエーがあります
スーパーに囲まれた市場でも生き残っているのは
競合しない店舗、お茶屋・衣料品・薬屋・カフェ・飲み屋なども入っているからでしょう
[PR]
by GG-1 | 2006-01-22 13:24 | スナップ・風景などなど | Trackback | Comments(8)