人気ブログランキング |

マウンテンブーツのフルメンテナンス

中共ウィルスの非常事態宣言の所為で時間がたっぷり出来てしまったし
気温も上がってブーツを履く機会が減ってきたしで(夏場も履くけど回数は減る)ブーツの大掛かりなお手入れ
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_12473875.jpg
ジャコメッティのマルモラーダFg105
エキゾチックレザーで有名だがコイツは普通のレザー
チェーンステッチが特徴のコバの張り出しが少ないスマートな奴
左のトゥに縦のシワが出てきたので銀浮きかなと思って
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_12592071.jpg
水分パックで散らす作戦
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13011228.jpg
一日保水してみたが余り変わらない
ならば丸洗いだという事で
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13023030.jpg
100均のプラシューツリーを入れてバケツにドボン
内側も洗う積もりで中もしっかり濡らす
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13040246.jpg
暫くしてから向きを変えて踵側も
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13054093.jpg
爪先側の表面が乾いてきたのでもう一度向きを変えて濡らす
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13064752.jpg
レクソルで泡立てて洗う
ツリーを外して内側もしっかり洗う
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13085370.jpg
洗い終わったら軽く濯いで中に新聞紙を詰めてアッパーにレクソルコンディショナーを塗って乾燥
濡れたままの新聞紙は逆に乾燥の邪魔になるから途中で二回交換
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13101354.jpg
翌日乾いてブラシ掛けて
マットな状態で見るとシワは減っている気がする
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13113561.jpg
表面にデリケートクリーム塗って
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13121689.jpg
内側は未だ完全には乾いていない状態でレクソルコンディショナーを塗布
又暫く放置
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13130912.jpg
12時間後ブラシ掛けると左のシワが又見えてきている気がするが又洗う気が起きないので此の侭続行
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13150353.jpg
デリクリの次も油性デリクリ
コロンブスのリッチモイスチャーを塗って一晩放置
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13174039.jpg
翌日乾拭きしてブラッシングするとシワが見えてきた
むむむ
前よりは減っているだろうと自分に言い聞かせ、中までスッキリしたしまぁエエかと続行
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13194371.jpg
普通の靴クリーム塗ってブラシ掛けて
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13203383.jpg
コバと踵の積み革にコロニルの防水ワックス塗って乾拭き
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13215855.jpg
靴紐戻して出来上がり
コバが張り出してないからスマートだと思うのは自分だけで普通の人が見たらブーツだし十分ゴツイ気もするが
ゴツいワークブーツと並べると
マウンテンブーツのフルメンテナンス_e0072159_13245324.jpg
ううむ
どちらもゴツい
足長約26.5のエジプト型で43を薄めの中敷入れて履いてます
コレで幅は丁度エエ感じで捨て寸も有る
前出のダナーマウンテンライトに比べて短時間ならマウンテンライトの方が楽で
街中でも4~5時間以上歩くならマルモラーダの方が疲れない気がする
馴染み方の差なのかな
元々はムッファ仕上げだったのが度重なるブラシ掛けと何度かアッパーのみレクソルで洗った所為で
カビは全部取れてしまった
ネットで検索しても店舗の入荷情報や個人でもコードバンのを凄くピカピカにしているのが殆どでムッファや手入れ・履いた感じの情報は少ない
どうするのが正解だったのだろう

# by GG-1 | 2020-04-19 13:55 |

春の集合は

3月はこんな感じ
春の集合は_e0072159_22362916.jpg
平行プレートもあるが手持ちのは幅が短くて二台のボディが当たりそうな程なので
クランプに自由雲台で横にくっつけた
今年はCOVID-19の為、二階の窓を開けて換気をよくしてカーテン閉めないと聞いていたので
グリップストロボは止めてクリップオンのみ
照射角をマニュアルで50mmに固定してフル発光させれば、一灯でもグリップでなくともなんとかなる
メインに繋がる一灯はオフセットシューコードで
サブに繋がる方は無線シンクロで発光させました

集合の前の授与の時に今年もNissinのMG8000を使おうとして朝にセットしてテストすると
1/8~1/16のマニュアル出力で焚いているのに何故か露出がバラつく
どうも壊れたらしいので急遽純正600RT-2に代えて事なきを得たが本番中に壊れたら代える時間もないし前夜のみならず当日も事前のテストは大事やね
600RT-2では1/8弱で焚いたが途中でオーバーヒートにならずに最後まで止まらなかった
550EXから580EX-2にした時に直ぐに止まるのでMG8000にしたのだが、600RT2で多少は連続使用に対して強化されているようで、この後もなんとかなりそう
フル発光だと、流石にヒートするとは思うが未だ試してない
MG8000に代られる程ではないと思うのだがどうなんだろう
550だと前面プラフレネルレンズに気泡が発生しても飛び続けたのに580-2で役立たずになって600-2で漸く550レベルに近づいた様だ
MG8000は操作系は余りにも悶絶レベルだったがマニュアルで飛ばす分にはまあまあ良く働いた
未だ修理できるのかな

4月の分は
春の集合は_e0072159_22590448.jpg
春の集合は_e0072159_22591875.jpg
追加分を自由雲台から3Wayにしてみた
ベースが斜めの状態では微調整が矢張り3Wayの方が使い易い
ストロボが左に立てるのが自分の中では普通なので右側にサブボディを追加するようにしたが左側の方が長いパン棒が後ろに伸びるので使い易いのではと思い、次回は左に出そうと思っていたら
あと四回ある筈がCOVID-19の非常事態宣言の為か
仕事は全部消えました~
やれやれ

# by GG-1 | 2020-04-09 23:14 | 機材・道具など

ダナー マウンテンライト 踵修理

ダナー マウンテンライト 踵修理_e0072159_22055473.jpg
ダナーマウンテンライトの踵だけ減ってきたので2020年3月に修理
踵の縁がスポンジ層に達しそうになってきた
もうチョット行けそうだがスポンジが削れると一気に高くなりそうだったので早めに交換
ワンピースソールなので全体交換のオールソールが本来だが前半部は左程でも無いので踵のみ修理
斜め板で補修とどっちにしようか迷ったがトップヒール材で修理にした
ダナー マウンテンライト 踵修理_e0072159_22105832.jpg
タンクソールのトップヒール部材なら違和感なく仕上がるだろうが
パターンが役立ちそうな泥地などは普段行かないし街中メインなので違う物にしてみました
ビブラム#5341ラプターヒール
厚みがタンクと違うのでラバー一枚足して高さを揃えてもらった
雪・雨用との事でタウンユースでも悪天候時に役立ちそう
店の人は接地のショックがやわらぐと言っていたが、元々スポンジ層が間にあるので私には差は分からずです

# by GG-1 | 2020-04-06 22:28 |

グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス

誰も見てないであろうお靴事
エエんです忘備録みたいなものですから
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_17183683.jpg
ラスト175のグレインレザーでストームウェルトにハルボロラバーソールで多少の悪天候でも大丈夫な奴
踵が小さい訳でも無いし踏まずが絞ってある訳でも無いが外羽根でギュッと締められる所為か歩いて抜けたりしない
年に一回やるかやらないかのフルメンテナンス

グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_16272469.jpg
先ずは靴紐外してシューツリー入れて馬毛でブラッシング
クリーナーで今迄の靴クリームを落とす
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_16332149.jpg
ツリー外してレクソルクリーナーで洗います
ナイロンのブラシでコバを洗ってからアッパーも泡立てていく
次に内側もスポンジで泡立てて洗っていく
爪先の内側も古歯ブラシで洗う
写真だとタンの中心部が未だ濡れていなくて黒以外のスムースレザーだと後でムラになりそうだが
シボ革だとあまり気にならないと思うので此の侭洗っていく
薄い色のだと完全に表革に水が染み込む迄水分パックして待つか、暫くの時間ドブ漬けした方がエエだろうな
レクソルクリーナーは泡を濯いで流さずに拭き取る事を推薦しているが自己責任で
軽くサッと汚れた泡を流してきれいな雑巾で残った泡を拭いていく
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_16374544.jpg
洗い終われば内側に新聞紙を詰め込み、濡れている内に外側にレクソルコンディショナーを塗って暫く放置
途中で湿ってきた新聞紙を交換して更に暫く放置
この時期だと半日で一寸湿った状態まで乾きます
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_16454210.jpg
中は未だ湿っているがシューツリーをはめて
豚毛でブラッシングした後、一番屈曲してシワのできる甲にミンクオイルを薄く塗布
左足だけミンクオイルを入れて艶が無くなった状態
右足はレクソルコンディショナーだけでブラッシングして鈍い艶が出ている
踝の下の出っ張りに当たる部分にもミンクを塗って一晩放置
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_16562490.jpg
翌日、乾拭きして又ブラッシングするとこんな状態
甲のシワも伸びて両足とも鈍い艶が出ていてエエ感じ
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_17004439.jpg
シューツリーを外すと
外側はほぼ乾いているが中は少し湿っている状態
内側の全体にレクソルコンディショナーを塗って
外側はデリケートクリームを薄く延ばして半日放置
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_17042795.jpg
軽くブラシを当てるとデリケートクリームだけでも光ってきて嬉しくなる
デリクリの次もデリクリ
油性デリクリのブートブラックのリッチモイスチャーをバンプを中心にアッパー全体に塗り広げてもう一晩放置
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_17124159.jpg
翌日、リッチモイスチャーがほぼ全部吸い込んだので乾拭きしてからブラッシング
その後普通の乳化性靴クリームを塗る
ウェルトにも忘れず塗ってブラッシング
靴紐戻して出来上がり
グレインレザー外羽根チーニーのフルメンテナンス_e0072159_17211273.jpg
筆記体のソックシートは何時頃のものなのか
検索しても現行のロゴ付きが多くて筆記体のはあまり出てこなかった
まぁ古くてもシボ革が頑丈なんでドンドン履くけどね

# by GG-1 | 2020-03-29 17:30 |

リーガル2598の修理

リーガル2598の修理_e0072159_21544357.jpg
昭和の末から履いているRegal2598Nの修理
ひび割れはガラスレザーだし、どうしようもない
ヒビ割れは見た目は悪い儘だが裏からパッチを張ってこれ以上は広がらない(筈)
リーガル2598の修理_e0072159_21563943.jpg
トップリフトは何度か交換し、すり減った爪先もラバーで補修
未だ履けると思っていたが
リーガル2598の修理_e0072159_21580346.jpg
ウェルトと底の間に隙間が出来てきた
底の出し縫い糸が無くなってきても直ぐに底が剥がれる訳ではないが此処までくるとアウト
履いた回数は少ないものの昭和の末から平成を超えて令和の2019年10月半ばに修理出し

リーガル2598の修理_e0072159_22015800.jpg
仕上がったのは2019年11月末
急がないのでゆっくりで良いって言っておいたが一月チョイで出来上がってきた
ウェルトは生きているが縫い直しても底がもう薄くなっていたのでオールソール

リーガル2598の修理_e0072159_22044569.jpg
アッパーはヒビ割れで雨の日はどうせ履けないのでレザーソールに
鉄道好きならJRソール(違う)

リーガル2598の修理_e0072159_22064750.jpg
トップリフトはダブテイル
飾り釘まで打ってくれました
最初に接地する所では無いので意外と滑らないな
なんだかムラがあるのはソールトニックの塗りムラ
少しすり減ってきたらラバー半張りしようかと思うが履く頻度は低いし多分此の侭やろうな

ガラスレザーって手間要らずでメンテ楽などとネットでは書かれている事が多いが
逆ではないかという気がする
コーティングされて雨も入らないがクリームも入らないから(ポリッシュバインダーカーフとか以外)
履いたらシューツリー入れてブラッシングするしか手がない
通常レザーなら暫くほったらかしでもツリーを入れておいてシワが酷くなければ水分と油分補給でほぼ戻るから

この辺の靴をオールソールするのはもったいない様な気もするが
30年以上も手元にあると愛着がわいて捨てられなかったんですよ
それにしても履く頻度が低かった所為か未だに完全に馴染んではなく踵のカウンター(月型芯)とかはカチコチの儘
頑丈そのもの
芯材が革でなく樹脂で固めた紙の様な物を使っているのかも
まあ、治ったしボチボチ履いていきます


# by GG-1 | 2020-03-14 22:32 |

モールトンの踵交換とスチール取付

モールトンの踵交換とスチール取付_e0072159_20415585.jpg
自分の為の靴メモ
昨年末の2019年12月初旬に履き下ろしたトリッカーズのモールトン
週二回位のペースで履いて
早二回目でダブルソールのつま先の無くなる速さに恐れをなしてハーフラバー張りました
その後は順調に履いていたのですが最初に付いていたアローのトップリフトは削れるのが早いと聞いてはいたが
12月1月2月の三か月で端が積み革に達しそうになり2020年3月頭に交換
単純に部材が薄いのとラバーの材質が固いのかも
新しいトップリフトはジャーマンオークパークのダブテイル
厚みがずいぶん違うのとラバーの固さが違って歩く際のコツコツ音は前より静かになった

三ヶ月程履いてチットはソールの返りがついてきたのと半張りラバーの爪先が薄くなってきたので
此処等でスチール取付
ビンテージかトライアンフかエテルノで迷ったのですがエテルノを選択

モールトンの踵交換とスチール取付_e0072159_20562500.jpg
取付後に三回履いてこんな状態
多少はソールに返り癖が付いたかと思いきや未だ静かなタイルの場所ではカツカツ音が少しする
左右で削れ方が違うのは歩き癖の所為かな

Cシェイドのゴースカーフなので一回目のトップリフト交換位の履きこみではアッパーはのっぺりした儘で変化はほぼ無し
まあ長く履けるという事か
サイズは8半ですがこのモールトンはUK表記でなくUS表記かも
ほかのUK8.5よりチト小さい気がする
とは言え多分ジャストサイズ
ソックシートの表記は金文字だしGMT扱いみたいなのでUS表記だろうな
現時点でギュッと紐を締めると羽がほぼ閉じる位だが中敷を入れると親指が少し曲がるので
中が沈んでくるのを待つしかないかな
履きおろし時のプレケアをしっかりした所為か他のブーツでは大概痛くなる踝の出っ張りの当たりもコレは痛くなく
ネットで見かける厚い固いっていう程は固くない感じがする
自分の足首に対してシャフトが太い形なのかもしれない
シャフト回りに余裕がある形なのかもしれないけど

# by GG-1 | 2020-03-08 21:21 |

五輪小路

五輪小路_e0072159_22575188.jpg

久々の更新
今年の年賀状に使ったカット
オリンピックイヤーなのでコレにしたが武漢肺炎でどうなる事やら

柳ケ瀬の丸川センター
撮影時、最後まで残ってるお店の行灯が灯って開店準備中


# by GG-1 | 2020-02-27 23:14 | 建物・街歩きなど

デザートブーツを洗う

舗装されていない所で一日居るとこんなにコナコナになったので洗いました
2019年5月末の話
デザートブーツを洗う_e0072159_00372640.jpg
ブラシでホコリを払ってからなんてレベルでないので、紐を外して此の侭洗います
今回は中までは洗わないのでシューツリーは入れたまま
デザートブーツを洗う_e0072159_00372644.jpg
レクソルクリーナーをブラシに付けてゴシゴシ
スムースレザーと違ってスエードなので固めのタイル掃除用ブラシで毛を立たせる様にして洗っていきます
デザートブーツを洗う_e0072159_00372697.jpg
洗い終わったら履き口から水が入らない様にしながらサッとすすいで、上の方は濯ぎきれないので綺麗めの雑巾で汚れの泡と水気を拭きます
レクソルの説明を見ると洗った後に濯がないで、クリーナーの中に保革成分が入っているので拭くだけでもOKとあるが
洗った泡が汚いので流水で濯ぎました
白いステッチも綺麗になって満足
デザートブーツを洗う_e0072159_00372638.jpg
乾かす前の革が濡れている間にレクソルコンディショナーを塗って翌日まで放置
翌日には乾いているのでブラシで毛並みを整え出来上がり



# by GG-1 | 2019-07-07 00:57 |

クラークスのデザートブーツ ソール交換

先に出したベックマンと同じく
2018年の年末に出して2019年1月20日仕上がり
クレープソールは柔らかく履き心地は良いのですが夏場に溶けるし濡れたタイルに弱いので
思い切って普通のラバーソールに

クラークスのデザートブーツ ソール交換_e0072159_00122140.jpg
中底をラバーで作ってもらいステッチダウンの元の穴をなぞってもらって
それにリッジウェイソールを貼り付けマッケイで縫いつけ
手間が掛かっているな

クラークスのデザートブーツ ソール交換_e0072159_00153004.jpg
履く前にメンテナンス
レクソルのクリーナーで洗ってレクソルのコンディショナーを塗る
奥が先に塗った方で塗ると色が濃くなる
クラークスのデザートブーツ ソール交換_e0072159_00153070.jpg
両方塗って乾いた後、ブラシを掛けて紐を通して出来上がり

クラークスのデザートブーツ ソール交換_e0072159_00191313.jpg
もう一足、底の磨り減って履けないデザートブーツがあるのだがどうしよう
素直にライダーかチャートシーを買えという意見は正しい
むむ


# by GG-1 | 2019-07-05 00:24 |

履物など

かなり長くブログをほったらかしにしてました
久々の更新が自分の記録兼備忘録で靴の記録
まぁ自己満足用途で誰の役にも立たないかもしれないが自分で見返したりするのに便利かもと・・
修理したとか手入れしたとか何ぞ変えたとか出して行こうと思います
気に入った靴を履いて街行けば枚数も増えようってモンです(言い訳)

靴を修理しました
靴底を交換
昨年2018年の暮れに出して今年2019年1月末に仕上がり
レッドウィングのベックマン9014
持病の加水分解でラバーが端から欠けてたのでオールソール
ピカピカの底は気分が宜しい
履物など_e0072159_22242606.jpg
アッパーもクリーム入れてブラシで磨いておきました

履物など_e0072159_22244399.jpg
馴染んだアッパーに新しい底は当初感触が違ったが
詰め替えたコルクが新しい為なのか
割と早くに底が沈んで元の様にフィット

今後靴ネタが増えそう
稀に写真を出すかも知れません

# by GG-1 | 2019-06-29 22:49 |

24-105のその後とInstagram

24-105のその後とInstagram_e0072159_23523634.jpg
暫く放置していました
昨年末からインスタの方にせっせと注力しております
roc_cameraという名でやってますので
どうか見てやって下さいませ

レンズの方は注文から一月後の一月後半に入手して24~105/4 IS2に無事更新
まあ評判通りで無印24~105/4と飛躍的変化は少ない
でもワイド側の歪みは減っているし、手振れ補正はより強力になった気がする

ブログをやめたワケではないので
たまに更新するつもりであります


# by GG-1 | 2017-06-04 23:50 | 機材・道具など

ポキッ

ポキッ_e0072159_2317547.jpg


インスタの方にかまけてブログをほったらかしにした所為って事もなかろうが
先週ポキッと
マウントと本体は螺旋が4本で止まっているだけなのね
結構簡単に折れまして、マウント側をボディに残してレンズ側が飛んで行きました
まあ強度が高いとボディ側のマウント部がめくれるのでレンズ側が折れて衝撃を逃がすのは理にかなっているのかも
って事で久々の更新が機材のブログネタでした
# by GG-1 | 2016-12-17 23:23 | 機材・道具など

風呂屋の看板建築 三吉湯

風呂屋の看板建築 三吉湯_e0072159_1758584.jpg


EOS-1D X EF24~105

看板部分は綺麗に塗られて青空に映えていた
草臥れたのも味わい深くてエエが
手入れがされているのも又エエね

風呂屋の看板建築 三吉湯_e0072159_17591210.jpg

タグ:
# by GG-1 | 2016-11-19 18:02 | 建物・街歩きなど

風呂屋の傘ロッカー 日乃出湯

風呂屋の傘ロッカー 日乃出湯_e0072159_23501265.jpg


EOS-1D X EF35
# by GG-1 | 2016-11-11 23:51 | 建物・街歩きなど

風呂屋の対称形 クラブ湯

風呂屋の対称形 クラブ湯_e0072159_21214946.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF24~105

対称形の入口
豆タイルも宜しい

風呂屋の対称形 クラブ湯_e0072159_2122049.jpg


上周りもシンプル
んん~
何かチッと物足りないな
# by GG-1 | 2016-09-25 21:23 | 建物・街歩きなど

風呂屋の対称形 美登利湯

風呂屋の対称形 美登利湯_e0072159_23331885.jpg


EOS-1D X EF35

名前と同じ緑色のテント迄も左右対称
なのに玄関右脇から伸びる煙突が惜しい
まあH型の煙り出しが可愛らしいのでエエか
# by GG-1 | 2016-09-20 23:35 | 建物・街歩きなど

風呂屋の構え 人参湯

風呂屋の構え 人参湯_e0072159_22484266.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF50

名前が可愛らしい人参湯
門構えは立派なトラディショナル銭湯

左のコインランドリーは後から増設したっぽいが
昔は綺麗な対称形だったのだろう
# by GG-1 | 2016-09-11 22:51 | 建物・街歩きなど

風呂屋の構え 蛭子湯

風呂屋の構え 蛭子湯_e0072159_11335523.jpg


EOS-1D X EF24~105

此方も二つ前の梅が枝湯と同じく
シンプル系
と言えば唐破風があるワケでもなくシンプルだが
矢張り高さが有ると迫力が違う

風呂屋の構え 蛭子湯_e0072159_1134748.jpg


エエね
訪れた時には廃業後らしく
中を見れなかったのはチト残念
# by GG-1 | 2016-09-08 11:40 | 建物・街歩きなど

風呂屋の銀色 宮の湯

風呂屋の銀色 宮の湯_e0072159_2236507.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF16~35

銀色に輝く煙突が伸びるのを地べたの根本から眺められるのは
何だか得した気分

風呂屋の銀色 宮の湯_e0072159_2241575.jpg


ナニが得なのかは我乍ら良く判らない

風呂屋の銀色 宮の湯_e0072159_22424453.jpg


広い敷地の裏側には
ズラリと同じ長さに切断された薪が積み上げられて並んでいる
薪に屋根が掛けられているのもエエし
一輪車のネコ車が二台並んで立てかけられているのもエエぞ
# by GG-1 | 2016-09-05 22:46 | 建物・街歩きなど

風呂屋の玄関 梅が枝湯

風呂屋の玄関 梅が枝湯_e0072159_10204326.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF24~105

以前に裏側は出しているが
表は裏の複雑さと比べてスッキリ系

風呂屋の玄関 梅が枝湯_e0072159_1021948.jpg


でも
二つ前の高砂湯よりも風呂屋っぽく見えるのは
この看板の所為かな

風呂屋の玄関 梅が枝湯_e0072159_10212012.jpg


二階部分もスッキリで装飾はあまり無い
でもなんとなくも風呂屋に見えるのは何でじゃろ

風呂屋の玄関 梅が枝湯_e0072159_10212826.jpg

# by GG-1 | 2016-09-03 10:26 | 建物・街歩きなど

風呂屋の風呂釜 玉乃井湯

風呂屋の風呂釜 玉乃井湯_e0072159_23271412.jpg


EOS-1D X EF35

此処の方は几帳面なのか
形状か乾き具合か判らないが同じ様な色と形でグループを作って
積み上げてある
# by GG-1 | 2016-08-24 23:30 | 建物・街歩きなど

風呂屋の玄関 高砂湯

風呂屋の玄関 高砂湯_e0072159_21561247.jpg


EOS-1D X EF35

普通の銭湯と云うと立派な構えなど造作に凝っているモンですが・・
まあシンプルと言えばシンプル
一階部をサンディングボードでベタっと覆っている

風呂屋の玄関 高砂湯_e0072159_2156292.jpg


しかし
このマークはチト考え物じゃないかな

全景はこんなの

風呂屋の玄関 高砂湯_e0072159_21563810.jpg


ボードで覆う前はどんな感じだったのだろう
# by GG-1 | 2016-08-18 22:01 | 建物・街歩きなど

風呂屋の洋風扁額 小玉湯

風呂屋の洋風扁額 小玉湯_e0072159_23565821.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF24~105

スクラッチタイルの補修跡が少々痛々しいが
マメに直していたみたいなのに
タグ:
# by GG-1 | 2016-08-13 23:55 | 建物・街歩きなど

風呂屋の扉 橋本湯

風呂屋の扉 橋本湯_e0072159_2294265.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF35

色がエエ

久々の更新
皇居の西側から東側へ引越しをしておりましてバタバタしており
未だに片付いておりません
一月近くネットの無い生活をしておりました
無いなら無いで何とかなるモンですな
タグ:
# by GG-1 | 2016-08-11 22:14 | 建物・街歩きなど

風呂屋の構え 寿湯

風呂屋の構え 寿湯_e0072159_2316466.jpg


EOS-1Ds Ⅱ Sigma12~24

コンクリブロックの門構え
アーチがエエぞ
中将湯の赤い琺瑯看板もエエ感じのアクセント

ゲートの中心と入口扉の中心がずれているのは何故なんじゃろう
上の門灯はゲートセンターについているのにな
タグ:
# by GG-1 | 2016-06-24 23:21 | 建物・街歩きなど

風呂屋の広告 白玉温泉

風呂屋の広告 白玉温泉_e0072159_225458.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF24~105

銭湯の広告なら矢張り煙突にでかでかと書くべきかな

氷風呂ではなく朝風呂やけど
# by GG-1 | 2016-06-20 22:56 | 建物・街歩きなど

風呂屋のネオン 清水湯

風呂屋のネオン 清水湯_e0072159_23511966.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF24~105

燈っている処を見たかったな~
# by GG-1 | 2016-06-18 23:52 | 建物・街歩きなど

崖下の煙突 新世館

崖下の煙突 新世館_e0072159_0174621.jpg


EOS-1D ⅡN Sigma12~24

崖の階段の目の前に櫓で囲った細長の煙突
下から見上げる機会が多いので横からは中々新鮮
空の電線もエエ感じ

崖下の煙突 新世館_e0072159_0175523.jpg


屋根が見えるのが嬉しい
崖下細道には地元民か犬の散歩の方々がチラホラ
夕方なのでそういう時間なのか

崖下の煙突 新世館_e0072159_018219.jpg


自販機の明りの目立ってくる時間帯
路地には配達のカブの音
# by GG-1 | 2016-06-16 00:25 | 建物・街歩きなど

風呂屋の灯火 橋本湯

風呂屋の灯火 橋本湯_e0072159_2341220.jpg


EOS-1Ds Ⅲ EF35

明かりへの配管
配線ではないのはガス灯の為
タグ:
# by GG-1 | 2016-06-01 23:42 | 建物・街歩きなど

風呂屋のロケット 新寿湯

煙突の形がね

風呂屋のロケット 新寿湯_e0072159_23233470.jpg


EOS-1Ds Ⅱ EF24~105

二段式みたいになっている
普通はテーパー型が多いのに
# by GG-1 | 2016-05-30 23:25 | 建物・街歩きなど