EOS-1DX + Really Right Stuff B1DMkIII-L

e0072159_131165.jpg


昨年漸く導入したEOS-1DXですが
Really Right StuffのLプレートを1DX用のB1DX-Lではなく
EOS-1D Mark III & Mark IVのB1DMkIIIを無理やり付ける話

Really Right StuffのLプレートは機種ごとの専用プレートで
ぴったりすっきり付くのがメリットですが
機種が変わって底部の形状が変わると途端にナンの役にも立たないアルミに化けます
Mk3やMk4から1DXは底面の形状が変わってRRSのプレートはB1DX-L L-Plate Setになったが
Setの文字の如く通常プレートにLプレートをくっ付けるというふうに変化した
RRSのLプレートを買う人なら付けっぱなしにする人が大半だと思うのだがな~
価格も上がって250ドル
今手元に有って役に立たなくなったB1DMkIIIを生かせないかと思い一部加工して無理やり取り付け

e0072159_1494719.jpg

右がEOS-1D Mark III & Mark IV用のB1DMkIII
左が加工後のLプレートのB1DMkIII-L
B1DMkIIIを1DXに当ててこねくり回すに
背面から螺旋までの位置は変わらないみたいなので
前面のリブを削り落とす
艶が違っているのが削った部分

e0072159_1522066.jpg


一生懸命削りました
アルミと言えどもコレだけ削るのは大変
XYテーブルがあればエンドミルで簡単そうなのに持ってないので手作業

e0072159_1523017.jpg


重ねると前面に回りこむリブが無くなっているのがお分かりでしょう

e0072159_1565292.jpg


バッテリー側もLの支柱を削らない様にして
ボディと合わせながら一寸づつ削ります
削った痕はプライマー処理後にラッカー塗装が理想だがマーカーで黒く塗ってあるだけ

先日迄はコレで使っていたが
他機種のを無理やり付けているので縦位置の際にレリーズが使えなかったので
螺旋穴の更に長穴に加工

e0072159_2219.jpg


漸く付けっぱなしでも縦位置でレリーズが使える様になった

e0072159_231646.jpg


今迄のだと端子カバーが引っ掛かっていた
1D Mark IVまでだと端子カバーが一点で留まっていて開いた後にグルリと回せたが
1DXになってドアの如く開くのでクランプと当たってレリーズをつけて縦位置で脚に付けられなかった
長穴にしてコレで大丈夫

e0072159_284429.jpg


引っ繰り返して隙間に詰め込む事も可能となった
勿論バッテリーの抜き差しも問題無し
目出度しメデタシ

底面プレートだけでL部を普段外しているって人以外はコレで十分じゃないか
PC直結などをしたい人は横の穴に付け替えて隙間を増やせばエエし~
B1DX-L L-Plate Setだとサイトの写真を見る限りは底の三脚螺旋穴が見当たらないので
プレートを付けた儘、CP-E4などバッテリーパックを底に付けて使いたい私にはB1DMkIII-L加工の方がエエ

コノ記事が一体どれだけの人に役立つか非常に心許無いが
まあ久々に機材ネタと言う事で
[PR]
by GG-1 | 2015-02-15 02:21 | 機材・道具など | Comments(14)
Commented by EIZOU at 2015-02-18 14:42 x
機材ネタ嬉しいです。
既にMarkIVは手放されたようですね。自分はKIRKのLブラケットをMarkIVに使っていて1DXを同じく昨年買い増しましたが、仰る通り底面の巾が違いますね。KIRKは分離出来ない一体型で1DX用は税込3万円超します。MarkIVをまだ使っていくつもりなので手持ちのLブラケットを削ることは無いと思いますが、とても参考になりました(1DXにMarkIVのブラケットを着ける場合、ボディ底面とブラケットの隙間を埋める材を作って挟めば良さそうです)。
自動車の焼き付け塗料が喰いつき良く塗膜が強いので、黒だけでもあると使えますよ(硬化剤、専用シンナー等は必要)。
Commented by GG-1 at 2015-02-18 23:31
>EIZOU様
下取りで手放したのは1Ds Mark IIIで1D Mark IVは屋外での望遠に未だに使っております
自分の用途では画素数は1DXで足りると判断しましたので1D4を残しました
私もMark IIIとIVでKirkを付けていたのですがRRSのレバークランプでは締め付けにエラク力が要るのでRRSにしております
KirkとRRSでは形がほぼ同じですが三角の立ち上がり位置が少し異なりレバー式クランプでは硬いのです
同じRRS同士でもレバーがキツイのはありますがアレは別次元の硬さでした

塗装は手持ちにフッ素系のも持ってますがコンプレッサーが10年以上動かしていなくて取り出しにくい場所にしまってありまして作業するのが億劫だったというのが最大の理由だったりします
多分硬化剤も、もうアカン様になっているだろうしでナサケナイ理由ではあるのですがね
Commented by EIZOU at 2015-02-19 00:34 x
削られてしまったことからMarkIV(に)はもうお使いではないのかと思ってしまいました。失礼。
KIRKもご使用済みでしたか。RRSのクランプにKIRKは同じアルカスイスでも合わないのですね。自分はスリックのクランプ(DS-20)も使っていますが、レバー式ほどフィットがシビアではないようです。
記事を拝見してRRSの1DX用ブラケットに興味を持ちました。KIRKはボディ取り付けネジ部が長穴加工で緩めてスライド調整できますが、レンチ収納部はなく六角レンチを忘れるとボディ横のアクセスが困難になったりしますので、L部脱着式は助かるかも?なんて。ブラケットの1/4"ネジ穴も、KIRKはボディネジから横にオフセットした位置で、L部(縦位置)にはネジ穴がない(モデルによる?MarkIV用は素通し)のに対して、RRSはブラケットに縦横其々1/4"穴が有るようですね(横位置用はボディネジの直ぐ前側?)。これは取り付ける物(別の雲台プレートや電池パック)にもより丁度良い位置が変わるでしょうが。
でもまあ、ブラケットに3万円はなかなか出せません。

塗装についても釈迦に説法だったようでスミマセン。自分のコンプレッサは模型用の簡単な奴です。1D系のトップカバーの傷を隠そうとしましたが、独特の塗装で難しいですね。
Commented by EIZOU at 2015-02-19 15:07 x
ややや...。RRSの商品ページをよくみたら、GG-1様の仰る通り1DX用はブラケットに1/4"ネジ穴がありませんでした。RRSの1DmarkIII,IV用とは違うのですね(最初からそう書かれていて、それで改造されたというのに大変失礼しました)。また、L部分を分離できると言っても、プレートともボディに共締めで都度外さないと分離できない(三脚に載せたままではL部が外せない)ことも解りました。申し訳ありません。
他社で、L部分が4mm位のキャップボルト2本で留まっていて任意に取り外せるのがあったと思いますが、強度は劣るでしょうね。

加工されたブラケットをMarkIVで使用した場合、ガタは無いですか? 2台を縦に三脚固定で使う事が無い(or少ない)という判断だったのでしょうか。
Commented by EIZOU at 2015-02-19 15:26 x
あっ...! KIRKのMarkIV用ブラケットを使って、KIRKのクランプもお持ちなら2台縦も問題無いですね。
重ねて失礼しました。
Commented by GG-1 at 2015-02-20 00:44
>EIZOU様
背面のリブは残してありますしボタン型のキャップボルトで強く締めてあるので
1DXで底面との接触抵抗でガタツキは感じられませんからMk4でも問題無かろうと思います
KirkのL型も残して有りますし

無印~Mk2迄のRRS底面のみのシューは端から背面リブのみでして雲台で縦位置にしてもナンの問題も感じられなかったというのも改造の動機のひとつでもあります
何故インチ螺旋穴を無くしてしまったのか疑問です

1DXの話を一つ
再生時の拡大ボタンですが
サブダイヤル真ん中のセットボタンに割り振ると再生ボタンを押しての再生時でなくとも、いきなり拡大して再生されます
前の様に再生時に右肩の二つのボタンでの方が慣れているし使い易い気がしますがコレもどうしてなんですかねえ
Commented by GG-1 at 2015-02-20 01:02
>EIZOU様
RRSレバークランプでKirkのシューがエラクカタいという事で
RRSのノブ式クランプだと同じアルカ互換というだけあって問題ありません
がっちり固定出来ます
アルカスイス互換をうたっていてもRRSとカークではアリガタの立ち上がり位置が違うのでレバー式だと難しいみたいです
立ち上がり位置だけで角度は一緒みたいなのでクランプ式だと問題ないみたいです
最近増えた中国製のレバー式みたいに締め付けを調整出来れば良いのですがね~
RRSのサイトだと新しいレバー式のだと少し締め付けが変わっているみたいなので最新式のクランプだと大丈夫なのかもしれません
私のクランプは2005年頃購入なので古いのです
Commented by EIZOU at 2015-02-20 10:48 x
成程。後側のリブがフィットしていればブラケットが回転方向にずれることは有りませんね。自分のKIRKも前側リブを削ればMarkIVとXで共用できそうです。
RRSは1DX用から分離型、セット売りにして他社との差別化と単価アップをしたんですかね。分離のための加工コストも相当ありそうですし、もしかしたら誤発注防止(-LだけではプレートとLブラケットの区別が?)もあるかとか。
分離型にしたため取付ネジ部周辺が肉薄となって、1/4"ネジは省略されたのかなと。強度が落ちるので場所が限られますが、肉厚の部分に自分でネジ穴を作ることはできそうですね。

GG-1様がRRSを選ばれたのはレバー式クランプだからですね。KIRKのノブ式はクイックではありませんね。自分はノブに印をつけて目安にしていますが、パッと見では緩みが分かりずらいです。その点レバー式の方が安心でしょうね。
RRSブラケット(orプレート)→KIRKその他のクランプ、は大丈夫かと思いましたが、仰るように年式、型式で合わないものもありそうですね。
Commented by EIZOU at 2015-02-20 15:21 x
最近のキヤノン機の拡大再生ですが、本当に慣れません。
5DもMkIIまでは右肩ボタンだったのが5D3から虫眼鏡ボタン+メインダイアルになったようです。6D、7D2も新方式。
ボディへの印刷は省略で構わないから、カスタマイズメニューには旧方式も入れて(残して)欲しいです。
1D4のサブダイアルがブラシ接触だったのに対し、1DXは非接触になってフィーリングが変わりましたが、メインダイアルはガリガリした感じでメニュータブの移動の感触が好くありません(個体差かもしれませんが)。品川で7D2を触ってみたらメインダイアルも滑らかだったので、改良されたのかもしれません。自分はメニュータブの移動をマルチコントローラーでやっています。ガリガリのメインダイアルでの再生拡大率の変更が不快。そもそも2アクションになるのが煩わしいです。旧方式の方が撮影画像確認表示中に右肩ボタンを押すだけでしたよね。

SETボタンに虫眼鏡ボタンの機能を移すのは左手を使わずに済みますね。有難うございます。
操作ボタンカスタマイズでSETボタンには"押しながらメインダイアルでの露出補正"を割り当てている(急ぎの撮影でAEと露出補正使用時、お腹でサブダイアルが回ってトンデモ露出になるのを防ぐ為サブダイアルロックと併用)ので、切り替える必要がありますが。

1DXが去年初頭のファームウェア2.0まで縦横AFフレーム別に記憶できなかったとか、ボディを買うのが遅くても丁度良かったかとも思います。
Commented by GG-1 at 2015-02-21 21:13

>EIZOU様
RRSやKirkのLブラケットを付けている人は
そんなに付けたり外したりしないと思うのですがね~
単に値上げしたらユーザーから反発食うから新方式にしてみましたって感じがします
KirkのクランプはRRSの螺旋クランプよりウォームの進角がついているのか回転は少なくて済みRRSのレバーと左程手間は掛からないみたいですね
RRSの螺旋式はホントにぐるぐる回さないといけません

拡大再生ですが
当初私はセットボタンに再生を割り当てていたのですが
ピント確認で拡大しようとすると結局左手を使わねばならず最近はセットボタンに拡大を割り振っています
親指AFで昔からの慣れでAEロックボタンにAFを割り当てていますのでAF-ONボタンは何の機能も無しの状態で此処に普通の再生か拡大再生を割り当てられれば良いのにと思ったもので愚痴りました
出て直ぐは見合わせていたのはファームアップまでAFポイントがサーボAFで黒いままで黒い被写体だと何処にAFポイントがあるのかサッパリ判らない状態だったからです
ファームアップで点滅とはいえ赤く光るようになってコレならエエかと踏ん切りがついたのですよ
拡大再生ボタンといい開発スタッフはあまり色々な写真を撮らない人達か人数が少ないんじゃないかとさえ思えてきます
発売後にユーザーの苦情からAFポイントが光るようになったというファームで改善をする姿勢は評価に値すると思いますので
今後虫眼鏡ボタン方式を以前の方式に戻せと迄は言いませんので
操作ボタンのカスタマイズで以前の方式で慣れ親しんだ人達にも右手だけで操作出来るように割り振れる様、要望を上げていったら反映してくれるかも
Commented by EIZOU at 2015-02-22 11:13 x
RRSのノブクランプは沢山回さないといけないのですね。急に緩んだ場合の安全性は高そうですが、頻繁に着脱するには向かなそうですね。
KIRKのLブラケットMarkIVを1DXに使うため、自分は隙間埋めの方向でアルミ板材を切りだしたりしているところです。2~3mmの間の厚みで、滑らないようにブラケット側に貼る必要がありそう。
ベルポンがCP+で発表した縦横切り替え式雲台(PHD-66Q)が発売されましたね。ベルポンの雲台はパン棒ロックの緩めが急激で避けてきましたがこれはどうか。QRA-35プレートは4、5枚持っているので。

1DXのスクリーンが7Dからの透過液晶になって、AEに影響するとかでファームアップまでSERVO中のAFフレーム表示が光りませんでしたね。そのために導入を見送られていたのは、買えずに見送ってきた自分とは違います。ファインダーのグリッドに視度を合わせるとピントの山はズレると聞きますし、MFはやりにくくなっていますね。
GG-1様のようにAEロックボタンで親指AFされている人は多いみたいですね。自分は手が大きくMarkIIIからAF-ONボタンを使いAEロックボタンは余らせていましたが、1DXでは電子水準器をM-Fnボタンに割り当てて、玉つきでAEロックボタンにはFEロックを割り当てています。MarkIVでFELボタンがそのままの機能なので揃えたかったのですが、1DXの操作ボタンカスタマイズではAEロックボタンに電子水準器を割り当てられませんでした。ボタンごとにカスタマイズ可能な機能が制限されているのは重複すると矛盾が生じるからでしょうか。再生や拡大を含めてMarkIVと1DXの同時使用時は戸惑う事が多いです。キヤノンから来るアンケートには必ず書いているのですが、要望してファーム対応してもらえるなら声をあげたいですね。

ところで、RRSはどちらでお買い求めですか? 自分はKIRKを楽天のスタジオJinから購入しています。御存知かもしれませんが、ハスキー等の改造も受け付けていてKIRK製品の取り扱いでは随一かと。
Commented by GG-1 at 2015-02-24 00:45
>EIZOU様
Kirkのクランプは回転数が少なくて済むのは仰っているJinのサイトのRRSとの比較記事からです
実際Kirkのクランプは使ったことが無いのですよ
RRSのスクリュー式は使っていますがグルグル回さないとイケマセン
横にスライドだけなら左程回さずともエエのですが、上に外そうとするとグルグルしないと外れませんのでレバー式を主に使っております
ベルボンPHD-66Q、昔のマミヤプレスとかの中版のメーカー純正アクセサリーでこういうのがあったな~と懐かしく思いました
売れるかなどうかはチト疑問ですが多様性が増えるのは歓迎です

私が昨年まで導入を見送っていたというのは
AFフレームのポイントが光らず黒いままだからと言う理由付けは言い訳の一つで
主な理由は財布の都合でした
まあ所謂「酸っぱい葡萄」ってヤツです
AEロックボタンにAFオンを割り当てているのは唯単に慣れからです
1DMk2Nまでは右肩の三つのボタンにノーマルデフォルトではAF-Onは無くて真ん中のボタンに割り振れるようになっていたので
真ん中に慣れているというのとMk4までは右肩三つの左端のボタンは斜めで押し辛いからです
未だにMk4も使っているしで1DXも真ん中に割り振っています
そもそも親指AFも自分がフリーになって最初に買ったAF一眼デジカメがContaxNデジタルでしてコレが最初から親指AFだったからです
コイツは操作性から親指AFなのではなく
マトモにAFが動かないので「最後はファインダーの自分の目で見てピントを決めろ」っていう感じでAFは補助的でした
今から考えるに背面液晶は小さくてピント確認なんぞは無理で
そもそもRawで撮るとプレビュー出来ないっていう御茶目なデジカメでしたよ

RRSは個人輸入が主で
幾つかはオークションです
オークションも入札が多いモノは新品を個人輸入するのとほぼ一緒の値段まで上がることが多くて
コレなら個人輸入の方がエエわと言う気がします
Commented by EIZOU at 2015-02-24 12:57 x
スタジオJinの記事もご覧になってましたか。撮影者寄りで内容が詳しいですよね。
RRSは国内でも使っている人が多いと思いますが、未だ日本の代理店が無いのは知りませんでした(過去にはあったもののヤメたのでしょうか)。今は円安で輸入モノは高くついてしまいますね(580EXの基板を外国から買って直していますが、半年で数千円上がりました)。

昨日ヨドバシでPHD-66Qを触ってみたら、動きはスムースでした。載っていたのがコンシューマ機で1D系とは重さ、大きさが違うので実際に着けてみないと判りませんが(光軸は縦横でズレるでしょう)。

ContaxNデジタルもお使いだったのですね(驚!)。調べてみたら2002年発売とKodakDCSn(2004年)より前にフルサイズを実現していたんですね。
親指AFをはじめから搭載というのも気付きませんでした。1Ds2も液晶でピントが判らず、同じようにもどかしさを感じました。Contaxは流石、信頼出来るファインダーだったのですね。

キヤノンは高画素は5Dで行くようですね。次の1DX(2?)が2000万画素超にはなるかもしれませんが、大幅な画素数アップやクロップを載せて来るのかどうか?オリンピック前まで1DXで引っ張るのかも気になります。
Commented by GG-1 at 2015-02-24 21:57
>EIZOU様
JinのサイトはKirkで検索すると大概上位に出てきますよね
Kirkを買う際には一生懸命見ましたよ

レボルビング雲台はもう展示されてましたか
縦横切り替えが多い際はほぼ手持ちだし
Lブラケットもあるし望遠系には三脚座があるしで私は購入対象外です
面白いのですがね~

NデジタルはContaxを使ってた関係上でY/Cマウントのレンズとボディを下取りして
N1とNデジタルを買って使っていたのですが
AFは遅くてしかもイマイチ信頼性に欠けるシロモノでズームでもピンボケを沢山作りましたよ
広角ズームで開放で5m位の対象物だとファインダーで確認は私の視力では無理でした
まあAFカメラのファインダーは何処のもあまり良くピントが見えるのは無いので仕方ないですが

5D系列は各種派生が出てくるとの噂ですが
私は暫く此の侭で行きたいと思います
デジカメはMk4と1DXの二台しかないので
普段持ちの小さいのは買うかもしれませんがね~
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 木製とトタン トリコロール >>